柴崎、バルサ戦ゴラッソの余韻いまだ冷めず 各国メディア称賛「荘厳」「凶暴な一撃」

写真拡大

強烈なシュートでリーガ初得点をマーク、仏紙「バルサを驚かせた」

 ヘタフェの日本代表MF柴崎岳が、リーガ・エスパニョーラ第4節の本拠地バルセロナ戦に先発出場し、前半39分に左足の鮮やかなボレーシュートでリーガ初得点をマークした。

 世界の強豪相手に披露したゴラッソの余韻はいまだ冷めやらず、欧州各国メディアは「荘厳なゴール」など称賛している。

 衝撃的なゴールだった。0-0で迎えた前半39分、MFマルケル・ベルガラが頭で落とした浮き球に反応した柴崎が、迷うことなく左足を振り抜く。ボールの芯を捉えた強烈なシュートには、バルサのドイツ代表GKテア・シュテーゲンもなす術なし。ゴールネットに突き刺さり、柴崎は珍しく満面の笑みを浮かべた。

 フランス地元紙「レキップ」電子版は「バルサを驚かせたゴール」と特集。「バルセロナはヘタフェの日本人、ガク・シバサキの荘厳なゴールを許してしまった」と称えている。

 オランダ地元紙「フットボール・インターナショナル」も「ヘタフェのワンダーゴールの後、パウリーニョがバルサ勝利に貢献」と特集。さらに次のように記している。

「ガク・シバサキの素晴らしいボレーの後、エルネスト・バルベルデのチームは追い掛ける羽目になった」

「信じられないボレー」で柴崎の名が轟く

 一方、英衛星放送「スカイ・スポーツ」電子版も「必見、ヘタフェのシバサキがバルセロナ相手に信じられないボレーを打ち込む」と特集。「センセーショナルなボレー」「凶暴な一撃」と賛辞を並べている。

 昨季2部テネリフェで欧州上陸を果たし、今季1部に昇格したヘタフェとステップアップを続けてきた柴崎は名門相手の一撃で一気に欧州中にその名を轟かせた。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images