デーブ、よく言った! 日本のチャリティー番組に皮肉をグサリ

写真拡大

デーブ・スペクターさんのTwitter投稿は普段、ダジャレのオンパレード!

ですがその合間に、社会風刺的なツイートが投稿されることがあります。

2017年9月14日、デーブさんが触れたのは日本で放送されたチャリティー番組について。

アメリカではハリケーンが甚大な被害をもたらしています。デーブさんによると、寄付金を募る番組は映画スターであってもすべてノーギャラ。さらに、CMもなかったとのことです。

それに対し、日本の番組は…。

「オチがなくてすみません」

こう締めつつも、ピリッと皮肉が効いたツイートです。

この投稿には多くの『いいね』が付けられ、「デーブ、よくいってくれた」「アメリカに比べて、日本の芸能は」と共感のコメントが寄せられました。

「普段ふざけたことをいっている人がこういうコメントをすると、説得力がある」という声も。

日本のチャリティー番組に対する疑問は、以前から各所でささやかれています。

デーブさんなどの著名人に声を上げてもらうことで、日本の番組のありかたも少しずつ変わっていく…それを多くの人が願っています。

[文・構成/grape編集部]