米2部最短10秒弾! スペイン紙は“日本人衝撃ボレー弾”に重ね「柴崎を連想させる」

写真拡大

米2部LAギャラクシーIIのFWズバックが強烈なボレーシュートを叩き込む

 米2部に相当するユナイテッド・サッカー・リーグ(USL)で歴史に残るゴールが決まった。

 LAギャラクシーII(LAギャラクシーのリザーブチーム)は、現地時間16日にサクラメント・リパブリックFCと対戦。開始10秒でリーグ最多ゴールを叩き込み、スペイン紙「マルカ」は「そのゴールは柴崎を連想させる」と伝えた。

 LAギャラクシーIIはキックオフ直後にすぐさま前線へとロングボールを送ると、19歳FWイーサン・ズバックが相手と競り合い、ペナルティーエリア前にこぼれたボールに素早く反応。大きく弾んだボールにタイミングを合わせて右足を振り抜くと、ドライブ回転のかかった強烈な一撃は相手GKの頭上を越えてゴール左隅に突き刺さった。

 それまでリーグ最短ゴールは18秒だったが、ズバックはわずか10秒でゴールを陥れ、新記録を樹立。これには相手だけでなく、チームメートやLAギャラクシーIIのマイク・ミュノツ監督も驚愕の表情を浮かべた。USL公式ツイッターではゴール動画を公開し、「イーサン・ズバックはUSL史上最短のフィニッシュを記録した」と言及している。

 試合はLAギャラクシーIIが幸先良く先制したが、サクラメントに1-2逆転負けを喫した。この試合で生まれたリーグ最短弾は、海を渡ったスペインで柴崎を引き合いにして伝えられている。

バルサ戦の柴崎弾になぞらえ最短ゴール称賛

「マルカ」紙はズバックの衝撃弾を「開始10秒で“柴崎ゴール”」と報道。16日にヘタフェの日本代表MF柴崎岳が、リーガ・エスパニョーラ第4節の本拠地バルセロナ戦に先発出場し、前半39分に強烈なボレーシュートでリーガ1部初得点をマークした。相手ゴールから同じくらいの距離からの、鮮烈なボレーシュートという点で共通するズバックのリーグ最短弾を柴崎のゴールになぞらえ、「そのゴールはヘタフェ対バルセロナ戦でゴールを決めた柴崎の一撃を連想させる」と褒め称えている。

 歴史に残る米2部リーグ最短ゴールを、柴崎のバルサ戦ボレー弾に重ね合わせて伝えるなど、スペイン国内で柴崎は時の人となっているようだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images


【動画】USL公式ツイッターに投稿された「米2部リーグ最短10秒ゴール」

https://twitter.com/USL/status/909248360715972608

USL公式ツイッターに投稿された「米2部リーグ最短10秒ゴール」