バイエルン・ミュンヘンのロベルト・レバンドフスキ【写真:Getty Images】

写真拡大

 バイエルン・ミュンヘンに所属するポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキが噂されているレアル・マドリーへの移籍について語った。

 先日、レバンドフスキが独紙『シュピーゲル』の取材で「もっとワールドクラスの選手を連れてくるべきだ」とクラブの補強に対して批判的な意見を述べた。

 またスペイン紙『アス』によると、その件もありレバンドフスキはバイエルン退団を計画していると報じている。なお、既に代理人に対し今季終了後にマドリーに移籍したい意思を通知したとも伝えている。

 現地時間16日に行われたマインツとの試合後にレバンドフスキは「私はあらゆるくだらない話題に対して何か答える必要はない」と発言した。

 マインツとの試合は4-0で勝利したものの昨季までのような圧倒する試合がなくなってきているバイエルン。またクラブとの関係悪化も噂されるなかでレバンドフスキはどういった決断をするのだろうか。

text by 編集部