スキマ時間に英語力をタダで上達できる英語学習アプリ4選

写真拡大 (全9枚)

東京オリンピックまであと3年。その頃にはいまよりもっとグローバルな社会になっているはず。仕事でも海外の人とのやりとりが増え、出張で海外を駆け回る人も多くなるのではないでしょうか。

英語が苦手な人には少しでも楽しく学べるように、さらに英語力を伸ばしたい人にはブラッシュアップできるような無料英語学習アプリを紹介します。通勤時間を有効に使って今後のスキルアップに活用してください。

.押璽犂恭个捻儔駭辰学べる「Duolingo」〈iOS/Android対応〉

「Duolingo(デュオリンゴ)」は、英会話やリスニング、英単語などが学べるアプリ。クイズ形式で問題に挑み、正解すると次のレッスンが受けられる。ゲーム感覚で続けられます。英語に慣れていない人にもおすすめです。

簡単な選択問題から始まり、並べ替え問題、記述問題とレベルが進むにつれて問題の形式もステップアップ。少しずつ難しくなっていくので、無理せず続けられそうです。また、グラフで成績が記録されるので、日々の成果がひと目で確認でき、達成感を得られます。

学習時間の目標を1日5分から設定できるので、毎日続けてみようかなという気持ちになりますね。

 

▲好錺ぅ彖犧遒捻冀姥譴鬟船Д奪「mikan」〈iOS/Android対応〉

とにかく英単語をマスターしたいという人には「mikan(ミカン)」がおすすめ。TOEICやセンター試験などの目的別に分けられており、約1万語の英単語が収録されています。

単語帳アプリは数多くありますが、スワイプでテンポよく学習を進めれるのがこのアプリの特徴です。使い方はシンプル。単語を知っている・知らないで左右にスワイプし、あとで「知らない」とした単語を復習できるという仕組みです。

短時間で多くの英単語をチェックできるので、分からない単語を集中的に習得できます。

 

TOEIC学習の決定版「EnglishUpgrader」〈iOS/Android対応〉

「EnglishUpgrader」は、TOEICを運営する国際ビジネスコミュニケーション協会が提供する英語学習アプリ。「会社の昇給試験にTOEICがある」という人は、このアプリで効率よくTOEIC対策をしちゃいましょう。

ネイティブの発音による60以上のエピソードでリスニングを鍛え、クイズモードで理解を試し、フレーズのみを抽出したフレーズモードで表現を身に付ける、というように総合的に英語学習を進められるのが魅力です。

このエピソードを難なく理解できるようになれば、TOEICの結果が上がること間違いなし。また、TOEICで出題される問題は、ビジネスシーンに関わるものが中心なため、実際にはTOEICを受験しないという人にも仕事で役立てられるでしょう。

 

ぬ滅鬚ぅ廛譽璽鵑鯤垢ながら英語力UP「TED Audio Books」〈iOS/Android対応〉

「TED Audio Books」は、さまざまな分野で活躍する人たちが舞台に立って英語でプレゼンをする「TED」を使用したアプリ。英語字幕や日本語字幕をつけて動画を視聴できます。

また、リスニングしながら英語/日本語/英日両方のテキストも読めるので、“英単語や英会話よりもリスニング力を特に高めたい”という人におすすめです。

リスニング学習がメインですが、聞きながら英文も読めるため、リーディング力も伸ばせます。

ただし、英語学習には内容が難しいと感じるときもあるので、初心者にはあまりおすすめしません。

*  *  *

今回ご紹介した英語学習アプリはすべて無料ですが、英会話をできるだけ早く習得したいという人には、有料の英会話アプリや、オンライン英会話もおすすめ。英文フレーズがより豊富だったり、実際に外国人と英会話ができたりと、より学びやすい環境があるので身に着くスピードも速いでしょう。

自分のライフスタイルや英語の必要具合に応じた英語学習アプリを選んで、ちょっとしたすきま時間に楽しく英語力を伸ばしていきましょう。

 

(取材・文/中川美紗

なかがわみさ/エディター、ライター

編集プロダクション「ゴーズ」に所属。「旅」と「アート」が大好き。情報が目まぐるしくアップデートされるスマホやウェブサービスに立ち向かいながら、webメディアを中心に記事を執筆中。