成川祐子さん。実業家として実績を残してきた妻が老舗を大変身させた

毎週月曜夜7時から放送中の「結婚したら人生劇変!〇〇の妻たち」(TBSテレビ系)。人気番組「プロ野球戦力外通告」「プロ野球選手の妻たち」を手掛けるスタッフが、夫を支える妻の姿を通して、夫婦の愛と葛藤に迫るドキュメンタリーだ。

JR東京駅から八重洲側へ出て徒歩1分のビルにある、老舗割烹「や満登」(やまと)。明治35年創業、115年続く日本料理店だ。今では多くの日本料理屋で愛されている「本マグロの中トロ」を日本で初めて出したお店とされている。

この由緒正しき老舗割烹の美人女将が、今回の主役妻・成川祐子さん(48)だ。祐子さんが心を配る100坪の店内には、贅を尽くしたカウンターとテーブル席がずらり。広々とした個室が5部屋。数々の調度品を取り揃え、味だけでなく目でも楽しませるギャラリーのような空間となっている。

店内には、東京都中央区に貢献したわずか7名の人だけに贈られたという日本橋にある麒麟像のミニチュア版が。まさに、歴史と伝統に支えられた「や満登」は立地の良さや心づくしの料理ともてなしで連日大盛況を見せている。

しかし、祐子さんがこの店に嫁ぎ女将になる5年前までは、今からは想像もつかない状態だった。

年商1億円のバリバリ女社長が老舗割烹へ嫁入り

高校卒業後、OLとして働いていた祐子さんは32歳で、ウエディングプロデュースの会社を設立。商才を発揮してわずか2年で年商1億円を稼ぎ出す。その後も忙しい日々を過ごす中、結婚をしないまま10年の月日が経っていた。

42歳のある時、知人からお見合いの話が転がり込んだ。聞けばお相手は東京・八重洲で老舗割烹を営んでいる4代目で、人柄も良いという。当の祐子さんは…

「お見合いで人を好きになることは100%無いと思った。知人の顔を立てるために遊び半分で行ってしまった」(祐子さん)

お見合いの場所に指定されたのが、「や満登」だった。知人と一緒に訪れると、そこにはどう見ても還暦を越えているおじいちゃんが、ただ1人。こんなに年上なのかと驚いたが…

「あ、この方は、お見合い相手のお父様です」(知人)

「え、お父様!?」(祐子さん)

なぜか待っていたのは、お見合い相手の父、当時「や満登」の社長だった3代目・成川孝行さんだった。肝心の息子さんが不在のまま、お見合いは進行。そして、結局その後も息子は現れず、父・孝行さんの自慢話を聞くことに。

「東京に7つしかない麒麟像を持ってるんだ!」(孝行さん)

お見合いが終了。


最初に現れたのはお見合い相手の父、成川孝行さんだった

「多分お父さんのお眼鏡にかなわないとご本人に会うことはできないんじゃないかなっていう風には察しました」(祐子さん)

100年以上の歴史ある老舗らしく社長の権限は絶対。息子の結婚相手を自ら品定めに来たという。呆れた祐子さんが、店を出ようとしたとき、床掃除をしている、ひとりの男性が声をかけてきた。

「どうも、初めまして。息子の英行です」(英行さん)

「あ、どうも。こんにちは」(祐子さん)

後の夫の第一印象は「無理無理無理」

それが、夫・英行さんとの初めての出会い。一生懸命働く姿に、一目惚れしたかと思いきや…

「あ〜無理!無理無理無理!という第一印象でした。全くタイプじゃなかったです。」(祐子さん)

それでも数日後、「今度は本人が来るから」と知人に頼まれ、渋々、再びお見合いすることになった。指定されたのはやはり「や満登」。だが、英行さんの傍らには、またしても父の孝行さんの姿があった。

「どんな会社をやっていたのかな?」(孝行さん)

「今は100人以上入れるレストランシアターを経営しています。」(祐子さん)

「どんなお店?うまくいってる?」(孝行さん)

「家族でご飯を食べながらショーを見るお店です。年商は1億円以上です」(祐子さん)

口下手な英行さんは会話に全く入れず、横で頷いているだけ。


年商1億円企業を率いる女社長として活躍していた。「結婚したら人生劇変!〇〇の妻たち』(TBSテレビ系)次回は9月18日(月・祝)夜7時から放送です

「彼とお話ししたという印象が全くなかったので、良いも悪いも感じ取れませんでした。」(祐子さん)

顔もタイプで無ければ一緒にいても楽しくない。全く恋愛の対象にはならなかった。一方、英行さんの印象は…

「自分のはっきりした意思を持って行動しているので、この人となら親父に勝てるんじゃないかと思いました」(英行さん)

次期社長として、自分の父親から主導権を奪わなければいけない。そのパートナーとして祐子さんに惚れ込んでいた。

これ以降、祐子さんは英行さんから猛アプローチを受けることに。最初は全くなびかなかった祐子さんだが出会ってから半年後のある日のこと、祐子さん宅のチャイムが鳴った。突然の来訪者が現れたとドアを開けると、そこには、板前姿の英行さんの姿があった。

「いろいろ持って来ちゃいました」(英行さん)


成川英行さんは老舗割烹の4代目として若いときから料理の腕を磨いてきた

驚く祐子さんを尻目に突然料理を作り始める英行さん。この行動には目的があったそうだ。

「僕は、こんな見てくれで祐子さんの周りの男性みたいに気の利いた会話もできない。できるのは料理を通して、祐子さんやお客さんを幸せな気分にすること。これが僕の仕事です」(英行さん)

英行さんが作ったのは、お店の秘伝のつゆを使った「親子丼」。口下手な彼は料理を振る舞うことで好意を伝えようとしたのだ。すると、それまで祐子さんにとっては全くタイプじゃなかった英行さんに対する印象がガラリと変わった。


口下手な英行さんだったが得意料理の親子丼に込めた思いはしっかり伝わった

「今まで素敵なレストランに連れて行ってくれたり、自分の実績を話したりとアピールしてくる男性には慣れていたんですけど、こんなに不器用でピュアな人っていうのは初めてでした」(祐子さん)

この日から英行さんとの交際がスタートする。順調に愛を育んだ2人は翌年、結婚。それを機に英行さんは「や満登」4代目の社長に就任した。祐子さんも会社を後進に任せ女将として働くことになった。

ところが、そこには祐子さんが想像だにしていなかった事態が待ち受けていた。

嫁いでビックリ!老舗割烹は大赤字だった! 

4代目の女将として、お店に出た祐子さんだったが、なんと、3日に1度はお客さんがまったく来ない。お客さんがいないときは義父・孝行さんを真ん中に従業員が円を描くように囲み、お茶や酒を飲みながら話をしている。この不思議な光景に、祐子さんは違和感を覚えるばかりだった。


1年の交際を経てゴールインした後に思わぬ展開が待ち受けていた

しかも、たまにお客さんがたくさん入ったかと思うと、機嫌を良くした義父が売り上げのことも考えず、奢ってしまうことも。さすがにお店の経営に疑問を持った祐子さんが、「や満登」の経理書類を調べてみると、ほとんど仕事がないはずの従業員の時給が2400円だということがわかった。

驚いた裕子さんが事情を義父・孝行さんに聞いてみると…

「そりゃ、30年働いてもらってるんだから、当たり前じゃないか!」(孝行さん)

これまた、会長の孝行さんが独断で時給を上げていた。聞けば、毎年昇給させていき、長い年月をかけ今の金額まで上がったのだという。当然、経営は苦しくなり、なんと年間の赤字は5000万円にも上っていた。

「ショック過ぎるというか悲鳴を上げました。えー!って。一体何やってるんだろうっていうのは、日々怒りに変わってきて。こんなことしている場合じゃないでしょって思いました」(祐子さん)

お店の改革に着手しようとした祐子さんだったが、義父の孝行さんが最大の障壁となった。

「結婚して社長はうちの旦那さんに譲ってくださるということだったのですが、依然変わらず義父が差配しておりました。何でもお義父さんにお伺いを立てなきゃいけなかった。全て」(祐子さん)


「や満登」は東京・八重洲に店を構える

店の中にありながら、誰も使っていない1台の公衆電話を撤去しようとした時ですら、「1人ここに電話をくれるお客さんがいるんだよ。私の目の黒いうちは、このままにしといてくれ」(孝行さん)と拒否されたほどだ。

「もう1つ電話があるんだからその電話番号をお伝えすれば良いだけじゃないかと思いました」(祐子さん)

メニューはここ数十年変えておらず、店内も古めかしいまま。祐子さんは再三、店舗のリニューアルを提案したが義父・孝行さんは全く聞く耳を持たない。困り果てた祐子さんは夫・英行さんに相談するが、「俺の言うことは聞き入れてくれない」(英行さん)。祐子さんはただただ、老舗ならではのルールに戸惑うしかなかった。

先代を納得させた新米女将の大作戦!

社長に就任したばかりの夫・英行さんは、これまで料理一筋だったため、経営面は社長経験のある祐子さんが担うことに。課題は数十年も変わってないメニューや内装を一新して「や満登」を生まれ変わらせることだった。

「メラメラ闘志が湧いて何が何でも立て直そうっていう気合が入りましたね」(祐子さん)

とにかく、いまだ決定権を持っている義父・孝行さんに信用してもらわなければ、自分の改革は何もできない。祐子さんはまずハードルの低そうなメニュー名の変更から着手した。


まずはメニュー名を改変。「飛騨ステーキ丼」の名前を変えることを考えた。「結婚したら人生劇変!〇〇の妻たち』(TBSテレビ系)次回は9月18日(月・祝)夜7時から放送です

目をつけたのは1日平均3食しか出なかった「飛騨ステーキ丼」。味は美味しいのになぜか全然人気が出ない。そこで祐子さんが考えたメニュー名が「飛騨牛“焦がし醤油”ステーキ丼」だ。

「ステーキ丼を食べさせてもらったときにお醤油の焦げた風味が、食べた瞬間に鼻から抜けたんです。日本料理屋ならではのお醤油の風味と飛騨牛の油がものすごくあって“焦がしじょうゆ”は絶対入れたいと思いました。“焦がし醤油”とつけたほうが味を想像しやすいんです」(祐子さん)


メニュー名を変えただけで効果は絶大だった

公衆電話1台の撤去すら許してくれない義父・孝行さんに、何度も説得を繰り返し、ようやく了承してもらえた。すると、これが見事に大当たりし女性客が倍増した。これまで1日平均3食だったが、10倍の30食を売り上げた。

義父・孝行さんからの信用を少し勝ち取った祐子さん次に手をつけたのが、2400円という従業員の高すぎる時給だ。

「『日本橋界隈の同じ業態の時給を調べて今の時代はこの金額ですよ』とお伝えしました。『あ〜そうなんだね〜。任せるよ』ということで(孝行さんの了承を得たので)、その金額に変えました」(祐子さん)

それでも立ちはだかる義父を説き伏せた隠し技

義父・孝行さんと従業員に粘り強く交渉した結果、高すぎた時給を1200円ほどに下げてもらった。しかし、この程度では年間5000万円の赤字は解消できない。改めて提案したのが店舗の全面リニューアルだ。目指すは、これまでの「や満登」の良さを生かしながら、常連さんだけでなく若い方にも来て頂ける“和モダン”雰囲気だったが、またも義父・孝行さんが立ちはだかった。

「私の目の黒いうちは、勝手なことはさせない」(孝行さん)


祐子さんは経営者として鍛えられた才覚をいかんなく発揮した

悩んだ祐子さんはあることを思いついた。それは義父・孝行さんと初めて会ったお見合いの日に聞いた「東京に7つしかない麒麟像を持っている」という話だ。

「『お義父さんが大切にしているものを展示させてもらって美術館のような日本料理屋、和モダンをテーマに作り上げていきたい』ってお話をさせていただきました」(祐子さん)

押し入れにしまわれていた麒麟像をリニューアルの目玉として店の入り口に飾る事を提案したのだ。新しいことだけでなく自分たちの伝統を守ってくれると分かった義父・孝行さんは、ついに首を縦に振った。


念願のリニューアルによって内装は生まれ変わった

祐子さんが女将に就任して1年、念願のリニューアルが実現した。デザインは社長時代のツテを使い、ペニンシュラホテルやヒルトンホテルを手掛けたデザイナー、橋本夕紀夫氏に依頼した。

以前は、風格はありつつも昔ながらの日本料理屋という古めかしい作りだった「や満登」は、カウンター席はヒノキの香り漂う広々とした空間に生まれ変わり、個室の畳はあえて残しつつテーブル席に。若者にも高齢者にもくつろぎやすくした。


長らくしまわれていた麒麟像はリニューアルの目玉に

食器や調度品などは全て祐子さん自ら選び、目で見ても楽しめる食卓に。今回のリニューアルで義父・孝行さんがいちばん喜んでくれたのが、孝行さんのお母さんが愛用した帯を飾ったことだ。

「2代目の女将、100歳で亡くなった祖母の帯がちょうどこのお部屋に合いましたので、額に入れて絵のように飾らせて頂いております。『面影』というお部屋の名前にちなんで何か昔のものが蘇れば良いなと思って飾らせて頂きました」(祐子さん)

年商は数倍の1億円超へ

リニューアル後は、和モダンな内装が人気を呼びお客さんが急増した。3日に1度はお客さんがゼロだった「や満登」が、今では1日100人以上が訪れる人気店に生まれ変わった。そして年商は祐子さんが嫁ぐ前の数倍となる1億円超まで伸びた。


年5000万円の赤字だったお店が超繁盛店に。「結婚したら人生劇変!〇〇の妻たち』(TBSテレビ系)次回は9月18日(月・祝)夜7時から放送です

これまで祐子さんと数々のバトルを演じてきた義父・孝行さんは…

「私が昭和の始めの生まれですからね、今はこういう時代なんだと。ちょっと自分で目が醒めるのが遅きに失したかなと。料理屋っていうのは、女将さんがしっかりしてないと栄えないっていうことは、(2代目の)親父から聞いていましたから、息子は良い人を見つけてくれたと、それが凄く嬉しいです。」(孝行さん)

孝行さんも祐子さんの手腕を認めているようだ!そして最後に、今回出番がちょっと少なかった夫・英行さんはこう言う。

「彼女無しだと、今の生活はしていません。つえー味方です。」(英行さん)

「褒め足りない…笑」(祐子さん)