アーセナルは「元カノより重要」…セスクが表現する

写真拡大

『ESPN』など各メディアは17日、「チェルシーMFセスク・ファブレガスがアーセナルについて語った」と報じた。

バルセロナのユースからアーセナルへ移籍し、若くしてデビューを飾ったセスク。10代でチームの中心的な存在となったが、その後バルセロナへの復帰を決断した。

その後プレミアリーグに戻ってきたものの、移籍先は同じロンドンのライバルであるチェルシーであった。

彼にとってアーセナル、そしてアーセン・ヴェンゲル監督はどのような存在なのか?

セスク・ファブレガス

(アーセナルは『元カノ』のようなもの?)

「そうは言えないね。もっと重要だ。なぜなら、元カノは時に関係を断つことになり、その後は何も感じなくなるからだ。

僕は今でも親密に感じている。アーセナルをね。僕の感情はまだあのクラブにある。僕を信じない者もいるだろうが、自分の気持ちはわかっている。家族もね。僕にとってはそれが全てだ。

バルセロナを離れることを決めたあの日、アーセナルは最初のオプションだった。そして、バルセロナはクラブ間での連絡をする義務があった。その返答に一週間が与えられた。

チェルシーが近づいていることは知っていた。他のクラブもいたけどね。

ただ、その後僕はモウリーニョと話し、彼が僕に確信を与えてくれた。チェルシーは素晴らしい場所だとね」
セスク・ファブレガス

「1週間が過ぎて、アーセナルは返答をしなかった。僕にも連絡はなかった。彼らは十分な選手を持っていたんだと解釈したよ。そして、チェルシーに移籍することを決めた。

なぜなら、彼らが僕を求めていると感じたからだ。ジョゼはこれまでにないほどに僕と話してくれた。そして、自分を求めていることを感じさせてくれた。

彼は僕に大きなモチベーションをくれたんだ。だから、決断は簡単だった。

僕はアーセン・ヴェンゲルを愛しているよ。男として。監督としても、もちろんそうだ。

あれは彼が下した決断だ。僕は常に言っているが、彼は父親のような存在だ。そして、彼も常にそうあるだろう」

(3-4-3への適応については?)

「去年の前半は難しいものになったね。経験したことのないものだったから。

しかし、僕は努力をして、足を地につけて、謙虚に練習を重ねて、呼ばれた時にいいプレーをして、すべてを変えられたと思う。そして、監督の信頼を得た。

『このタイプの監督の下ではプレーできない』と言われた時、僕はむしろ燃えるタイプだ。そして、皆が間違っていることを証明したよ」