スーッと爽快感ある飲むタイプの胃腸薬

写真拡大

ライオンは、水なしで飲む液タイプの胃腸薬「スクラートG」を2017年9月20日に発売する。

飲みやすいグレープフルーツ味

近年、20〜60代男女では7人に1人にあたる約1150万人が胃酸の逆流を感じているという。同社の調査により、このような人の特長として、不快な症状を主に胸もとに感じていることが分かった。

そこで、胃酸の逆流などで胸がやけるつらい患部に直に効く液タイプの胃腸薬を開発。有効成分「スクラルファート」が、荒れた患部に直接貼りつき修復してくれる。

また、同社が独自に開発した粘膜付着性ゲルが、粘膜中のムチンとからみ合って患部にとどまり、胃酸などの攻撃から効率的に保護してくれる「クイックカバー処方」を採用した。また、メントールによるスーッとした爽快感が胸もとにすばやく広がりキープ。

さらに、スクラルファート水和物やコウボク流エキスなどの5種類の有効成分を配合し、液体製剤では初だという就寝前の服用の承認を得ているため、睡眠中に感じやすい胸やけなどの症状にも対応可能だ。1回1包5ミリリットルのアルミスティック包装で、水なしで場所を選ばずにサッと飲用できる。さわやかで飲みやすいグレープフルーツ味。

内容量6包、価格は950円(税別)。