レアル・マドリーのダニエル・カルバハル【写真:Getty Images】

写真拡大

 レアル・マドリーは17日、スペイン代表DFダニエル・カルバハルとの契約延長が合意に達したことをクラブ公式サイトで発表した。新たな契約は2022年6月30日までとなる。

 以前の契約が2020年までとなっていたカルバハルは、契約を2年間延長することになる。18日の現地時間14時より、本拠地サンティアゴ・ベルナベウでの記者会見でメディアに向けての発表が行われるとのことだ。

 現在25歳のカルバハルはマドリーの下部組織出身で、2012/13シーズンをドイツのレバークーゼンで過ごしたあとマドリーに復帰。主力の右サイドバックとしてこれまでリーグ戦109試合、公式戦165試合に出場し、3度のチャンピオンズリーグ(CL)優勝などのタイトル獲得に貢献してきた。

 今季はここまでリーガやCL、スーパーカップなど公式戦全試合にフル出場。契約を延長し、今後もマドリーで長く活躍を続けていくことが期待される。

text by 編集部