寺尾玄社長。「起業する人が増えたら社会は活性化するはずです」(撮影/内海裕之)

写真拡大 (全3枚)

“最高においしい”トーストを焼く2万円超の「バルミューダ ザ・トースター」(以下「ザ・トースター」、そよ風を再現した3万円超の扇風機「ザ・グリーンファン」(以下「グリーファン」)。これまでになかった高級家電を世に送り出しているバルミューダが、9月6日、新商品となる「バルミューダ ザ・レンジ」を発表した。

「バルミューダ ザ・レンジ」(以下「ザ・レンジ」)は、必要な機能をわかりやすくシンプルに備えた上に、ボタンなどの操作音を、楽器の音が美しくユーモラスに奏でる。(価格帯は税別4万3500円〜5万4500円、11月末〜12月上旬の出荷を予定)。

 成熟する家電市場で異例のヒットを飛ばす理由はどこにあるのか? 高校を中退して海外を放浪、ミュージシャン活動をするも挫折、一転、ものづくりの道へと分け入った寺尾玄(げん)社長。商品と同様、その人生も独自性に満ちている。「うまくいったという気持ちはゼロパーセント」と、はるか先を見据える社長がいま考えていること、これからの会社像について、話を聞いた。(【後編】をお届けします)

* * *
◆起業したいという高校生4人の来社をきっかけに

──バルミューダを創業される前、寺尾社長はロックミュージシャンでした。その前は、高校を辞めて海外を放浪されていた。そうした波乱の半生は自著『行こう、どこにもなかった方法で』(新潮社)に詳しいですが、この本を書かれたきっかけは何だったのでしょう。

寺尾:昨年、高校生4人のグループが会社を訪ねてきました。僕たちは将来起業したいから、話を聞きたいと。もちろん自分が知っていることを全部教えてあげたくなって、2時間くらい話したんですが、とうてい2時間では語り切れなかったんです。そこで、もし私でお役に立つなら、これまで苦労したこと、厳しかったこと、しかし、そういったことは乗り切ってしまえば大したことではないんだということも含めて、伝えたいと思ったんです。日本で起業する人が増えたら、社会は活性化するはずですから。

 ただ、音楽をやめて、ものづくりの世界に入った辺りから書き始めても、なぜ、ここに行き着いたのか、変遷の経緯や自分の考え方の根底にあるものが説明できなかったんです。なぜこういう考え方の人間になったのかを書くには、両親のことを書かざるを得ないなと。

──ご両親の独自の教育が、寺尾社長の人間形成に大きな影響を与えていることがよくわかります。高校を辞めて一人で海外へ行けと薦めるなど、なかなかできることではないですよね。

寺尾:私も自分の息子にはできません(笑)。やらせたい気持ちはあるけれど、実際は無理でしょうね。父と母は私に、渾身の力で、「何をやってもいいんだ」ということを教えてくれました。というより、叩き込まれたに近い。何でもできるとは思っていませんが、何をやってもいいとは思っています。自分の可能性を信じています。起業をはじめ、思い切ったことができるかどうかは、「能力の差」ではありません。やっていいと知っているかどうか。「知識の差」なんですね。私の場合はやっていいと知っていたのでできたにすぎません。

──スペインでようやく小さなパンにありつき、涙を流す場面が本に出てきます。今回の新商品を含め、社長の「食」への思いの根底には、海外放浪の経験があるのかなと感じました。

寺尾:それはあります。あのとき、食べるって凄いことだと体に刻み込まれました。だから、トーストが美味しくなったら、人生の“楽しい”や“素晴らしい”が、少しかもしれないけど、増えると考えました。バルミューダはそれをテクノロジーで実現できるのだから、やるだけだと。

◆面接では、「実績」より「第一印象」を重視する

──その後、ロックミュージシャンとして活動するなど、社長は様々な人生経験をされていますが、そういった経験は起業に必要だと思いますか?

寺尾:いえ、経験は起業してからたっぷりできるので、事前に必要ありません。私の場合はその前から経験が濃かったものの、ここ数年のたいへんさに比べたら……。かなり危ない時期がありましたからね。数年前の危機を乗り越えたのは、トースターのおかげでした。

──「商品だけが会社を次のステージに連れていってくれる」と、前編でお話されていました。

寺尾:会社ってバンドに似てると思うんです。バンドもメンバーが集まって曲をつくり、演奏しますよね。たとえばベーシストがいなかったら曲にならない、けれども、そもそも曲を出さなければバンドの意味がないんです。会社がバンドだとしたら、商品は曲です。要はヒット曲を出せ、という話です。面白いのは、優秀な作曲家でなくてもヒット曲を書くことはあるし、上手い歌い手でなくても、歌はヒットすること。アイディアが新鮮だとか、声が個性的とか、聞いたことがないサウンドだとかが人々の心に刺さるわけで、つまり、優秀なメンバーを集めたからヒット曲がでるわけではないんです。

──ということは、たとえば採用に関しては、優秀であるかよりも重要視するポイントがありますか?

寺尾:優秀かどうかより、会社との相性を見ますね。仲良くする必要はないのですが、スピード感が合うかとか、方向性が合うかを大事にします。たとえば冒険より安定が絶対に大事という価値観の人とは、私は共に仕事ができないと思います。また、実績か、第一印象か、どちらか選ぶなら、第一印象を重視しますね。目の力、元気がいいかどうかを見ます。

◆成功したという気持ちはゼロパーセント。寺尾社長の描く理想の姿とは

──2003年に1人で創業して以来、順調に事業を拡大されています。バルミューダの強みはどこにあるとお考えですか。

寺尾:我々の強みは企画力、アイディア力にあると考えています。そしてもう一つ、バルミューダが他の会社より恵まれていることがあるとしたら、創業社長がいることです。これは言葉に尽くせないアドバンテージだと思いますね。

 人間って、時間や労力をかけて何かをするとき、もとに戻るくらいならいいやって思えるじゃないですか。創業者は会社がなかったときを知っているわけだから、「ゼロ」に戻ることが想像できるんです。ゆえに、チャレンジの幅が広くなる、打撃力が強くなるんですね。対して、前任から会社を引き継いだ人は、このバトンを絶対に落としてはいけないと考え、それが行動指針になるはずなんですね。ゼロに戻るなんて想像できないと思います。

──ちなみに、寺尾社長がバトンを渡すことは考えていますか?

寺尾:今のところ具体的な想像はしていません。ただ、いろんなやり方があるだろうとは思っています。普通に引き継いでいくこともできるだろうし、全く別の形で、社会に役立つ会社の変化の仕方がないだろうかとか、いろいろ考えてはいます。が、そもそも、私はまだ、成功したという気持ちはゼロパーセント。何だこの不甲斐ない状況は! これでいいのか、オレ! って、毎日毎日、自分自身に問い詰められていますから。

──まったく満足されていないのですね。社長の理想はどこにあるのでしょうか。

寺尾:ロックスターのブルース・スプリングスティーンですね。彼は素晴らしい人生を送っています。世界中で年間300本以上のライブを行い、スタジアムでは毎日のように、5万人の観客が熱狂をもって彼を迎える。最高の人生だろうと思います。ただ私はアーティストをやめた人間なので、私自身が人気者になりたいとはもはや望みません。道具屋として、自分たちがつくった商品が、人気者になるべきだと思っています。世界中、どの国に行っても持っている人がいるとか、どの街でも大喜びしてくれるような商品を生み出したいですね。買ってほしいというより、喜んでほしい。それが目指す姿です。

──いま「アーティストをやめた人間」という言葉がありました。ミュージシャンへの未練はありませんか?

寺尾:はい、職業アーティストは諦めました。ただ、歌は歌います。先日もギターを買ったんです。早くライブをやってみたいなと思って。

 というのも、社長業って、個人の感覚をどんどん捨てていく仕事なんです。しかし私の中には、歌という手段に限らず、「表現者」としての自分が確実に存在しているんですね。ここで冒頭の話に戻るんですが、本を書いたきっかけは実はもう一つあって、日頃は否定し続けている表現者としての部分を思い切りぶつけたかったからなんです。本の執筆には自分の思いを貫くことができて、本当に楽しかったですね。で、次は、ライブをやりたい(笑)。

──ご自身の好きを全否定する社長業と、好きを全開にする歌手や作家活動によって、良いバランスが保たれているのでしょうか。

寺尾:私の場合、どちらもやることで、振り切れるんです。仕事バカにならなければいけない時期はあるし、仕事バカになるのは楽しいのですが、同時に、離れる時間も大事だと思っています。考えてみてください。私は朝から晩まで、トースターならトースターのことをずっと考えているわけですが、その時点で、お客様の思考とかなりかけ離れてしまっていますよね。普通の人はトースターのことなど、ほとんど考えていませんから。そんな時にギターを持つと、その瞬間は、トースターのことはどうでもよくなる。いったん、冷静になれる。冷静と情熱って、どっちも大事なんですよね。

◆寺尾玄(てらお・げん)
1973年生まれ。17歳の時、高校を中退し、スペインをはじめとする地中海沿いを放浪する。帰国後、音楽活動を開始。2001年、バンド解散後、ものづくりの道を志す。工場に飛び込み、設計、製造について独学で習得。2003年、有限会社バルミューダデザイン設立(2011年4月、バルミューダ株式会社へ社名変更)。同社代表取締役社長。著書に『行こう、どこにもなかった方法で』(新潮社)がある。