偉大過ぎる親の威光は通用しないのか

写真拡大

 中国で10月に開かれる共産党大会の軍の代表名簿に、建国の父である毛沢東の孫、毛新宇少将(47)の名前がなかったことが波紋を広げているが、これを報じた香港の英字紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」の書き込み欄には「建国の父といっても、アメリカの『建国の父』とされるジョージ・ワシントン初代大統領でさえ、その孫はおろか子孫が何をしているのかほとんど知られていない。毛沢東の孫がどうした、こうしたと騒ぎ過ぎだ」などの声が寄せられている。

 毛新宇氏は毛沢東の息子、毛岸青と妻・邵華の間にできた子。軍内の「太子党」(高級幹部子弟)を代表する一人で、2010年に最年少で少将に就いていた。現在、中国人民解放軍の軍事科学院戦争理論戦略研究部副部長のほか、中華全国青年連合会常務委員、中国人民政治協商会議全国委員も務めている。

 サウスチャイナ紙は、毛新宇氏のほかにも4人の「太子党」が今回の代表名簿から漏れたと伝えており、自身がやはり太子党の一人でもある習近平国家主席が毛氏に好意を抱いていないことに加え、毛氏の能力不足も落選の大きな理由としている。

 米国を拠点にする中国問題専門の華字ニュースサイト「博聞新聞網」も専門家の話として、「今回の党大会で、習主席は毛沢東思想と同じ『習近平思想』を党規約に加えて、毛沢東と同等の指導者の地位を確保したいと伝えられており、その孫にうろちょろされると邪魔になると思っているのではないか」などと伝えている。

 また、香港メディアの間でも、毛新宇氏の能力については「まったく評価できない」などとして辛口の評価が目立っており、少将の位や軍事科学院副部長、政治協商会議委員の座も「名誉職的色彩が強く、実力を評価されたものでない」との論評がなされている。

 これらの指摘について、香港のネット上で、「親が偉ければ子も偉い。祖父が毛沢東ならば、崇め奉ればよいというのは文革時代の発想だ。いまや改革・開放の時代であり、能力がなければ、評価されないのは当たり前だ」といった声のほか、「日本の安倍晋三だって、岸信介の孫だが、1回目の首相で失敗した後、その反省を踏まえて、いまはそれなりにまともに首相を務めている。毛新宇のように、いまの中国でも、毛沢東の権威だけを頼りに生きていける時代ではない」と珍しく安倍首相に好意的な意見も出ている。

 このほか、「『毛沢東の孫』がそんなに珍しければ、檻に入れて見物料をとればよい」などとの極端な意見も出ており、「毛沢東の孫」について、総じて批判的な声が多い。