ケルンの大迫勇也【写真:Getty Images】

写真拡大

 現地時間17日にブンデスリーガ第4節が行われ、ケルンはアウェイでドルトムントに0対5で大敗した。

 試合直後ケルン地元紙『ケルナー・シュタットアンツァイガー』はこの日先発出場を果たし64分までプレーした日本代表FW大迫勇也を「ドルトムントがボールを保持した際、中盤で守備するべくたくさん走った。攻撃面では見せ場がなかった」と寸評し「4.5」の評価を与えた。

 また独メディア『シュポルタール』ではチーム最低となる「5.5」の評価を付けられた。

 これでリーグ戦4連敗となったケルン。現地時間20日はホームで日本代表MF長谷部誠と鎌田大地が所属するフランクフルトと対戦する。悪い流れを断ち切ることが出来るか注目される。(ドイツの採点は「6」が最低で11段階に評価される)

text by 編集部