勝利したレアル・マドリー【写真:Getty Images】

写真拡大

【ソシエダ 1-3 レアル・マドリー リーガエスパニョーラ第4節】

 現地時間17日にリーガエスパニョーラ第4節の試合が行われ、レアル・マドリーはレアル・ソシエダと対戦。ボルハ・マジョラルなどがゴールを積み重ね、レアル・マドリーが3-1の勝利をおさめている。

 試合開始して19分、ゴール前でセルヒオ・ラモスがボールをキープすると、後ろから走りこんできたマジョラルがボールを受け取りゴールを決めた。28分にケビン・ロディグエスに得点を決められ同点に追いつかれるが、36分には相手のオウンゴールから再び勝ち越しに成功。

 61分にはカウンターから右サイドを突破したガレス・ベイルが一人で70m以上独走し、相手を振り切りながらチーム3点目を決めている。結局、リードを守りきったレアル・マドリーが3-1の勝利をおさめている。ソシエダは開幕戦から3連勝ときていたが、今季初めての黒星がついた。

【得点者】
19分 0-1 マジョラル(マドリー)
28分 1-1 ロディグエス(ソシエダ)
36分 1-2 オウンゴール(マドリー)
61分 1-3 ベイル(マドリー)

text by 編集部