久保裕也が今季初ゴール【写真:Getty Images】

写真拡大

 現地時間17日にベルギー1部リーグ第7節が行われ、ヘントはアウェイでオーステンデに2-0で勝利した。FW久保裕也は先発出場で84分までプレー。31分に今シーズン初ゴールを決めている。

 前節先発を外れた久保は、2試合ぶりにスターティングメンバーに名を連ねた。相手は最下位のオーステンデ。ここまで未勝利のヘントは、今シーズン初白星を手にして悪い流れを断ちきりたいところだった。

 チームにとっても久保にとっても待望の瞬間は31分に訪れた。自陣からのロングフィードが出ると、シラがスピードで抜け出して飛び出したGKの前でシュートを放つ。これはGKに阻まれてしまうが、こぼれ球が中央の久保のもとへ。日本代表FWの今季初得点は、無人のゴールに流し込むだけだった。

 1点リードで折り返した後半、ヘントはオーステンデの猛攻を浴びる。だが、ラストパスの精度の低さにも助けられて同点弾を許さない。84分に久保を下げて逃げ切りを図るヘントは、久保と交代で入ったベルストラーテがアディショナルタイムに加点して勝負あり。第7節にして、ヘントがようやく今シーズン初白星をつかんだ。

【得点者】
31分 0-1 久保(ヘント)
90+1分 0-2 ベルストラーテ(ヘント)

text by 編集部