ユナイテッドが4-0でエバートンに快勝

写真拡大

[9.17 プレミアリーグ第5節 マンチェスター・U 4-0 エバートン]

 プレミアリーグは17日、第5節を行った。マンチェスター・ユナイテッドは本拠地オールド・トラッフォードにエバートンを迎え、4-0で勝利した。

 ユナイテッドは12日のUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)グループリーグ第1節バーゼル戦からスタメンを5人を変更。DFフィル・ジョーンズとDFエリック・バイリー、DFアントニオ・バレンシア、MFマルアン・フェライニ、FWマーカス・ラッシュフォードが先発に名を連ねた。

 FWウェイン・ルーニーの凱旋となった一戦は、開始早々に目の覚めるようなシュートが決まる。前半4分、ユナイテッドはPA左角あたりからMFネマニャ・マティッチが中央へパスを送ると、PA右手前からバレンシアが右足ダイレクトシュート。抑えの利いたスーパーシュートがゴールネットに突き刺さり、ユナイテッドが先制に成功した。

 反撃に出るエバートンは前半21分、右サイドからDFクコ・マルティナがクロスを入れ、ルーニーが右足で合わせるたがわずかにゴール左に外れる。ユナイテッドは26分、相手のパスミスからボールを奪ったMFフアン・マタがスルーパスを送り、古巣対決のFWロメル・ルカクが相手DFと体を入れ替えて左足シュート。追加点のチャンスだったが、わずかに枠を外してしまった。

 1点ビハインドのエバートンは後半1分、MFトム・デイビスのパスをPA右で受けたルーニーが、ボールを失いかけながらも粘って左足を振り抜いたが、GKダビド・デ・ヘアにセーブされる。その後も、エバートンが主導権を握ったが、なかなかユナイテッドの守備を崩すことができない。

 追加点が欲しいユナイテッドは後半16分、ラッシュフォードを下げてMFジェシー・リンガードをピッチに送り込む。19分にはPA左手前でFKを獲得し、マタが左足で壁の左から巻いたシュートを放つが、惜しくも左ポストに嫌われる。31分には、ジョゼ・モウリーニョ監督の逆鱗に触れ、出場機会が減少したと報じられているMFアンデル・エレーラがピッチに入った。

 後半37分、エバートンはルーニーが交代。ユナイテッドファンもスタンディングオベーションで迎え、モウリーニョ監督とも握手をかわした。直後の38分、ユナイテッドは相手のミスからボールを奪い、ルカクはPA左のスペースへラストパス。そこに走り込んだMFヘンリク・ムヒタリアンが右足で流し込み、2-0。リードを広げた。

 さらにユナイテッドは後半44分、FKの流れからルカクが古巣からダメ押しゴールを奪い、3-0。アディショナルタイム2分には、元ユナイテッドのMFモルガン・シュネデルランのハンドで得たPKをFWアントニー・マルシャルが冷静に決め、ユナイテッドが4-0で完封勝ちをおさめた。


●プレミアリーグ2017-18特集