▽リーグ・アン第6節のアミアンvsマルセイユが17日に行われ、2-0でマルセイユが勝利した。マルセイユの日本代表DF酒井宏樹はフル出場した。

▽2連敗中のマルセイユは、2連勝中と好調のアミアンとの一戦に向けて、1-3で敗北した前節のレンヌ戦から、過半数となる6名のスタメンを変更。酒井は3試合連続でスタメンでの出場となった。

▽試合が動いたのは、スコアレスのまま迎えた後半だった。53分に右サイドでボールを受けた酒井は、ダイレクトでクロスを供給。相手DFの足にわずかに当たったボールが、エンジエの身体に跳ね返り、ゴールに吸い込まれた。酒井の攻め上がりが貴重な先制点を呼び込むこととなった。

▽さらに、直後の55分にも、カウンターの場面でエンジエが得点をマーク。試合はこのまま終了し、マルセイユがリーグ戦4試合ぶりの勝利を飾っている。