ウスマン・デンベレは最大4か月の離脱

写真拡大

 バルセロナに所属するFWウスマン・デンベレ(20)の怪我は思ったよりも深刻なものだった。左大腿二頭筋の腱断裂で手術を受けるようだ。クラブ公式サイトが伝えている。

 今夏、ドルトムントから移籍金1億500万ユーロ(約136億円)+ボーナス4200万ユーロ(約55億円)でバルセロナに加入したデンベレは、16日に行われたリーガ・エスパニョーラ第4節ヘタフェ戦に先発出場。前半29分にヒールパスを試みた際に左ハムストリングを負傷し、FWジェラール・デウロフェウとの交代を余儀なくされた。

 スペイン紙『マルカ』は3週間程度の離脱と伝えていたが、クラブは「完治までの離脱期間は、約3か月半から4か月と見られている」と発表。FWネイマールの後釜と期待されていたいただけに、長期離脱はバルセロナにとって大きな痛手だ。


●リーガ・エスパニョーラ2017-18特集