USBポートで機器同士がぶつかるストレスは”段違い”で解消できます!

写真拡大 (全4枚)

スマホ、タブレットの充電からデジカメ、HDDなど周辺機器の接続に、デスクでは必要不可欠なUSBポート。機器が増えれば増えるほど抜き差しがしにくくなるストレスは、仕方ないことだと諦めてない? ちょっと角度を変えるだけでこんなにストレスフリーに! サンワサプライから発売された段違い構造のUSBコンボハブ、おすすめです。

発売されたのは、2モデル。「USB3.0+USB2.0コンボハブ カードリーダー付き」(1833円+税)は、USB3.0ポートが1ポート、USB2.0ポートが2ポートあるのに加え、microSDカードリーダースロットが1スロットある万能モデル。「USB3.0+USB2.0コンボハブ」(1648円+税)は、USB3.0ポートが1ポート、USB2.0ポートが3ポート用意されている。

いずれも段違いデザインとなっており、上段は斜めに挿し込むため、接続した機器同士が干渉しにくい構造になっている。たったこれだけでずいぶんストレスは解消されるのだ。

ケーブルは約50cmあり、ディスプレイやパソコン裏のUSBポートから接続して、デスク上の手元の近くで抜き挿しができる。しかも面ファスナーが付いているので、ハブの位置も固定でき、抜き差しで動かないのもうれしい!

毎日向き合うデスク周りこそ、便利グッズ導入でストレスフリーにしよう!

>> サンワサプライ「400-HUB054S_055S」

 

(文/&GP編集部)