デルタ航空は、10月30日より東京/成田〜デトロイト線に投入する最新鋭機、エアバスA350-900型機を成田空港の格納庫で報道陣に公開した。

ビジネスクラスの「デルタ・ワン」は全室が通路に面した個室で、フルフラットとなるシートや18インチの個人用モニターを採用。

初のプレミアムエコノミークラスとなる「デルタ・プレミアムセレクト」は「2-3-2」配列で、13.3インチの個人用モニターやフットレスト、レッグレストも備えている。ウェスティンホテルとコラボレーションしたヘブンリーブランケットや、TUMIのアメニティキットも提供する。食事はアレッシィの食器で、ビジネスクラスに近いメニューをワンプレートで提供する。

エコノミークラス「メインキャビン」は「3-3-3」配列で、全席に電源を設置。モニターのサイズは11.1インチで大画面でエンターテインメントを楽しむことができる。

フォトレポートとして3回にわけて機内、機体の様子をお伝えする。(ビジネスクラス編はこちら)

シート配列はエコノミークラスの横9席に比べて1席少ない8席を配置。従来の「コンフォートプラス」とは異なる運賃クラスとなり、エコノミークラスから追加料金を支払った上でのアップグレードはできない。

窓側の2席。シートの質感はビジネスクラスに似ていて重厚感がある。ヘッドレストやフットレストも完備しており、前後間隔も広い。

リクライニング角度もエコノミークラスより深い。

ヘッドフォンはビジネスクラスと同じ、アメニティキットはビジネスクラスと同じTUMIであるものの、ソフトタイプの異なる物を配布する。スリッパはビジネスクラスと同じ、ブランケットはウェスティンヘブンリーブランケットだ。

座席下にはAC電源とUSB電源を完備している。

座席横にはリモコンとシート位置を調整するボタンがあるのみでシンプル。

画面も大型でエンターテインメントをより楽しめそうだ。

エコノミークラスは横9席を配置している。

イヤホン、スリッパ、ブランケット、簡素なアメニティが配布される。エコノミークラスでもスリッパを配布するのは珍しい。

最後部から見るとよくわかるのは画面の大きさ。画質も従来より良くなっている。

テーブルは2つ折りの折りたたみ式。半分にしておくこともできるのが良い。

ヘッドレストは上下するようになっており、かなり大きく動くので、身長が高い人、低い人問わず快適に過ごすことができるだろう。