ドアの下部に穴がありゴミが残ることはない

 フロントやリヤなど、ウインドウがはめ殺しになっているところはいいけど、ドアのように上下に動くところの中はどうなっているかきになったことはないだろうか? 閉まっているときはまだいいが、開いているときはすき間があって、ゴミなどが入っていく気もする。さらに厳密に見てみると、閉まっているときも気密性は決して高いと言えなさそうだ。

 じつはご心配のとおり、ドアの内部には雨水やゴミは入ってしまう。もちろん対策はされていて、ドアの下をよく見るとわかるのだが、水抜きの穴があって、そこから排水されるようになっているし、小さなゴミもそこから出るぐらいの大きさの穴になっている。

 ただし、そもそもそれほど深刻ではないのも事実。昔であれば、フェルトがガラスと当たる部分の枠に付いていて、水切りモールと呼ばれていたのだが、そんな簡単なものでもゴミの侵入は防げていた。現在では複雑な形状のゴム製ウエザーストリップを採用しているので、ゴミはほとんど入らないと言っていい。

 とはいえ、水が入るということは、排水されるにしても内部はベチャベチャになってしまうのは確か。この点についても、ウインドウを上げ下げする機構やドアロック、さらには配線類まで防水性が確保されているので、問題になることもない。

 内張りについてはボードに布やレザーを貼っただけなので、水には弱いのだが、これは内部にビニールのシートを装着することで、内張り側に水が染みてこないようにしてあるので、問題はない。

 水の侵入による問題という点では、オープンカーのソフトトップ部分のほうが注意したい。収納機構上、ソフトトップを伝った水分はボディ内部に落ちていくのだが、ゴミも一緒に流れていってしまう。たとえばマツダのロードスターでは、現行型ではネットを付けて、ゴミを回収するようになっているのだが、じつはこれは定期的な清掃が必要。

 さらにいうと、以前のモデルではネットがなく、ボディ下に付いていた水抜きがゴミで詰まり、水があふれ、サビの原因になったりするので、ウインドウよりも、気をつけたい部分である。