GACKTが「歳を取る」と「歳を重ねる」の違いについて持論 共感の声が多数

写真拡大

歌手のGACKTさんが2017年9月11日、公式ブログを更新。

「歳を重ねる」と「歳を取る」という言葉の違いについて、持論を展開しています。

どちらも同じ意味のように思えますが、GACKTさんならではの見解があるようです。

「歳を取る」より「歳を重ねる」生きかたを選ぶ

GACKTさんは「【歳を重ねる】ことと【歳を取る】ことは意味が違う。」と、それぞれ違う意味を持っていると説明。

それぞれの言葉の意味を、このように定義しています。

【歳を重ねる】とは、
歳を増すごとに己の人生に一つ一つ責任を重ねていく生き方。

【歳を取る】とは、

歳を増すごとに己の人生から責任を一つずつ取り省いていく生き方。

GACKT Official Blog ーより引用

どちらも責任というワードがカギを握っているようですが、「歳を重ねる」は責任を重ねていく生きかたなのに対し、「歳を取る」は逆に責任を取り省いていくという生きかたであると説明しています。

GACKTさんは、どちらの生きかたを選びたいのでしょうか。

一見、
【歳を取る】生き方の方が楽なように思えるが、
【歳を重ねる】生き方をしている人達の方が圧倒的な強さを手に入れられる。
それは物理的、身体的な上でも精神的な上においてもだ。

GACKT Official Blog ーより引用

当然、責任が増してくれば、何をするにしてもそれだけ自分に直接返ってくるものも大きいでしょう。

それは失敗した時の責任はもちろん、成功したときの喜びも一緒です。

成功したときの喜びをいの一番に感じるためにはリスクを負う必要もありますが、そこは一流アーティストとして活躍するGACKTさん。

「歳を取る」よりも「歳を重ねる」という生きかたを目指しているようです。

【やったぶんだけ自分に返ってくる】という言葉は、
いい意味においても悪い意味においても適用される。
自分に返ってくることがいいことだけの方がそりゃいい。

自分に返ってくるものが恨みツラミなどではなく、
感謝や感動、健康や多くの知識である方が人生は豊かになる。

GACKT Official Blog ーより引用

世間の反応は?

正論だと思うし、GACKTさんらしい意見ですね。私も歳を重ねるほうを選びます。歳を取るのはもっと高齢になった時に1つずつ外していけたらそれでいいかな。GACKTさんは、とても素敵な人生を歩んでいると思います。やった分だけ自分に返ってくる筋トレを頑張っているのも納得できる。やっぱり、歳を重ねるにつれて、自分も成長していきたい。

GACKTさんの持論は、多くの共感の声を集めたようです。

ストイックに行っている筋トレや食事制限など、GACKTさんは理想の生きかたを体現しているようにも見えます。今後も世間の人々の目標になる姿を見せてくれるのでしょう。

[文・構成/grape編集部]