気象庁の発表によると、9月17日午後3時現在、大型の台風18号は宮崎県延岡市の東南東約40キロを、時速35キロで北東に進んでいる。中心気圧は975ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートルで、最大瞬間風速は45メートル。

台風は次第に速度を速め、17日午後4時には愛媛県宇和島市の南南西約60キロ、18日午前3時には新潟県糸魚川市の北約30キロ、同午後3時には札幌市付近、19日午後3時には温帯低気圧となりオホーツク海に達する見通し。

全日空(ANA)では、17日は神戸・大阪/関西・大阪/伊丹・名古屋/中部・八丈島・松山・高知・高松・徳島・山口宇部・岩国・広島・岡山・萩 石見・米子・鳥取・鹿児島・宮崎・五島福江・対馬・長崎・熊本・大分・佐賀・福岡を発着する便で影響が発生する可能性があるとしている。18日には函館・札幌/千歳・根室中標津・釧路・女満別・オホーツク紋別・旭川・利尻・稚内・小松・富山・能登・福島・仙台・新潟・庄内・秋田・大館能代・青森・八丈島を発着する便で影響が出る可能性がある。

日本航空(JAL)では、17日に仙台・名古屋/中部・大阪/伊丹・大阪/関西・南紀白浜・岡山・出雲・広島・山口宇部・徳島・高松・高知・松山・福岡・北九州・大分・長崎・熊本・宮崎・鹿児島・種子島・屋久島・喜界島・奄美大島・徳之島・沖永良部・与論を発着する便で影響が発生する可能性があるとしている。

ソラシドエアでは、17日に九州地方を発着する一部便と、17日午後に神戸を発着する便ですでに欠航を決めた。名古屋/中部発着便で遅延や欠航が発生する可能性があるとしている。ジェットスター・ジャパンでは、17日に46便、18日に2便の計48便の欠航を決めた。影響人数は6,153人。ピーチも一部便で欠航を決めている。