[IBC2017]AJA、Thunderbolt 3対応のIo 4K Plusを発表

写真拡大

AJA Video Systems社は、Thunderbolt 3に対応したキャプチャ/出力デバイス「Io 4K Plus」を2017年10月21日に発売する。価格は税別350,000円。

Io 4K Plusは、キャプチャと出力を行うハードウェア製品で、AJA製品としては初めてThunderbolt 3に対応。12G/6G/3G/1.5G-SDIやHDMI 2.0を含むI/O接続に対応しており、4K/Ultra HDデバイスとの互換性も確保している。

AJAが提供しているMac/PC向けドライバとアプリケーションプラグインを使うことで、Io 4K PlusとAdobe Premiere Pro、Apple FCP X、Avid MediaComposerなどの主要な制作ツールを統合させることができる。

AJAが提供する変換テクノロジーにより、4K/Ultra HDからHDへのリアルタイムスケーリングが可能となり、HDモニタリングや出力が容易に行える。Io 4K Plusには追加のThunderbolt 3ポートが搭載されているため、柔軟性の高いデイジーチェーン接続にも対応しているという。主な機能は以下の通り。

(以下、プレスリリースより引用)

  • Thunderbolt 3経由での4K/Ultra HDおよびHD/SDのキャプチャと再生
  • 既存のThunderboltホストとの下位互換性
  • 12G/6G/3G/1.5G-SDIとHDMI 2.0の入出力は、最大60p/4:2:2のハイフレームレート(HFR)で4K/Ultra HD/2K/HD/SDに対応
  • 4K/Ultra HDから2K/HDへのリアルタイム・ダウンコンバージョン
  • 12G-SDIまたはHDMI 2.0経由で、8/10/12 bitの4:2:2/4:4:4ワークフローに対応
  • 2つのThunderbolt 3ポートにより、最大6台のThunderboltデバイスをデイジーチェーン接続可能
  • 16チャンネルSDIエンベデッドオーディオ
  • 8チャンネルHDMIエンベデッドオーディオ
  • 8チャンネルアナログオーディオ(XLRブレークアウトケーブル経由)
  • ダウンストリームキーヤー
  • バッテリーまたはACアダプターに対応する標準的なXLR 12V電源
  • Adobe Premiere Pro、Apple FCP X、Avid Media Composer、FilmLight製品を含むクリエイティブアプリケーションとAJA Control Roomなどとの互換性を確保
  • 3年間の国際保証付き

AJA Video Systems社、社長のNick Rashby氏は次のように述べている。

Nick Rashby氏:厳しい納期と技術の変化によって、ポストプロダクションのワークフローはさらに複雑化しました。Thunderbolt 3に対応したIo 4K Plusは、高解像度、ハイフレームレートに移行することによって生じる複雑さを軽減し、1本のケーブルで簡単に入出力させられます。