17-18イングランド・プレミアリーグ第5節、トッテナム・ホットスパー対スウォンジー・シティ。チャンスを逃し、天を仰ぐトッテナム・ホットスパーのハリー・ケイン(右)とデレ・アリ(2017年9月16日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】17-18イングランド・プレミアリーグは16日、第5節の試合が行われ、トッテナム・ホットスパー(Tottenham Hotspur)は本拠地ウェンブリー・スタジアム(Wembley Stadium)でまたしてもリーグ戦初勝利を挙げることができず、スウォンジー・シティ(Swansea City)と0-0のスコアレスドローに終わった。

 トッテナムはチェルシー(Chelsea)に1-2で敗れ、バーンリーFC(Burnley FC)とは引き分けと、本拠地ではここまでリーグ戦3試合連続で白星から見放されている。昨季は現在改築中のホワイト・ハート・レーン(White Hart Lane)での強さを支えに、チームは最後までチェルシーと優勝争いを繰り広げたが、今季は不穏な気配が漂っている。

 それでもトッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ(Mauricio Pochettino)監督は、ウェンブリーでの停滞は優勝争いの足かせにはならないと主張した。

「不満が残るし、改善が必要だ。みんな冷静にならなくてはならないし、ウェンブリーをホームにする必要がある。同時に、われわれは呪いがどうこうという話から離れなくてはならない。昨季のホワイト・ハート・レーンでは素晴らしかったが、それは過去の話。われわれは今ここにいるし、今季をほかのシーズンと比べても仕方がない」

「クラブは変わり、われわれも変わる。メンバーも新しくなり、別の勝ち方を作る必要があるが、それはウェンブリーに限った話ではなく、アウェーでも同じだ。私は心配していない。まずは1シーズンを過ごしてみて、そのときに問題であればそう言えばいい」
【翻訳編集】AFPBB News