本田真凜【写真:Getty Images】

写真拡大

酸欠になりかけながら熱演、SPに続き米メディア再び最大級評価

 フィギュアスケートのUSインターナショナルクラシック(米ソルトレイクシティ)は16日(日本時間17日)、女子SP首位の本田真凜(関大高)がフリーで131.52点をマークし、合計198.42点で優勝。衝撃のシニアVデビューを飾った16歳について、米メディアは「目を見張る輝かしい演技」「過剰な注目を重圧に感じない」と絶賛している。

「マリン・ホンダ」の名前が一躍、世界に轟いた。本田はトリノ五輪金メダルの荒川静香さんが演じた「トゥーランドット」をで舞い、冒頭の3回転ルッツを成功させると、大きなミスなく演技。空気が薄い標高1300メートルで体力で酸欠になりかけ、演技後はぐったりと倒れ込んだが、見事に優勝をたぐり寄せた。

 16歳の熱演は世界の絶賛を呼んだ。米スケート専門メディア「icenetwork」は「ホンダ、ソルトレイクシティで金とともにシニアデビュー」と特集を込み、最大級の評価を与えている。

「ちょうど1か月前に16歳の誕生日を迎えたホンダは、彼女の年齢を錯覚させるトゥーランドットの曲で目を見張るような輝かしいパフォーマンスを披露した」

日本メディア殺到も…「過剰な注目を一切プレッシャーに感じない」

 このように記し、16歳であることを忘れさせるような優雅なナンバーを演じ切ったことを称賛。さらに、本人の演技後に「高地だったから、良いパフォーマンスを披露できるとは思ってもいませんでした」と振り返ったという。

 さらに、記事では多くの日本メディアが現地まで殺到する中、実力を出し切ったことにもうなっている。

「凄まじく向けられるスポットライトに、彼女は喜びの笑顔を見せた。早い年齢で向けられてしまっている過剰な注目を一切プレッシャーには感じていないように見えた」

 本田はSPで自己ベストに迫る66.90点で首位に立った際には「最高の明るさが輝いた」と評されていたが、再び絶賛を受けた格好だ。衝撃的なシニアビューを飾り、世界の注目が一気に高まったことは言うまでもない。