インテル長友、「試合終わって知った」公式戦200試合出場 「自分の全てを出し尽くしたい」

写真拡大

クロトーネ戦の後半19分から左SBで途中出場、チームの開幕4連勝に貢献

 インテルの日本代表DF長友佑都は、セリエA第4節の敵地クロトーネ戦に途中出場。

 イタリアの名門クラブで積み上げた公式戦出場試合数が区切りの「200」に達し、試合後には自身のツイッターで「ありがとう」と感謝の言葉を綴った。

 クロトーネ戦、長友は前節のスパル戦に続いてベンチスタートとなったが、0-0で迎えた後半19分にブラジル人DFダウベルトに代わって左SBで出場。インテルは同37分に左サイドからのFKのこぼれ球をスロバキア代表DFミラン・シュクリニアルが決めて先制すると、アディショナルタイムにはクロアチア代表MFイバン・ペシリッチのゴールでダメ押し。長友も左サイドを活性化し、チームは2-0で開幕4連勝を飾った。

 2011年1月にチェゼーナから加入して早7年。長友はクロトーネ戦で公式戦200試合出場を達成した。インテルは世界的なビッグクラブとして知られるだけに、積み上げてきた数字の重みは大きい。試合後には自身のツイッターを更新し、「インテルで200試合出場。試合終わって知ったよ。笑 知らないうちに積み重ねてたんやね。31歳で7年もいたらそれくらいになるのか。ありがとう」(原文ママ)と、記録を意識していなかったことを明かすとともに、感謝の言葉を記している。

「全ての試合に勝つことを目指している」

 また、インテルもクラブ公式サイトで長友の200試合出場をレポート。長友は「常に貢献する準備はできている。それが僕のスタンスです」と話し、暫定首位に立ったチームへの思いも語っている。

「僕にとってこの(インテルの)ユニフォームを着られることはとても光栄です。僕たちは全ての試合に勝つことを目指している。これを続けていきたい。僕はモチベーションを保ち、いつでもプレーする準備ができている。毎回、できる限りハードにプレーするために、自分の全てを出し尽くしたい。ダウベルトも良いプレーをしたし、彼はとても良い選手。でも、何よりも重要なことは勝利してホームに帰れることです」

 これまでも窮地に追い込まれるたびに、不死鳥のように蘇ってきた長友。インテル最古参のDFとして臨む8シーズン目の今季も、ブレることのない姿勢で勝利を目指し、奮闘してくれるに違いない。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images