トッテナム、2017-18新サードユニフォームを発表!本当にこれで大丈夫?

写真拡大 (全7枚)

マウリシオ・ポチェッティーノ監督のもと、ここ2シーズン連続でプレミアリーグの優勝争いを演じているトッテナム・ホットスパー。今季も2勝2分1敗とまずまずの立ち上がりを見せており、13日に行われたCLドルトムント戦でも3-1の勝利を飾った。

そのトッテナムの新しいサードユニフォームが先日発表されたのだが、こちらがちょっとした話題となっている。

Tottenham Hotspur 2017-18 Nike Third

主にヨーロッパ戦で使用されるトッテナムの2017-18サードキットは、目をくらませるようなカモ柄のダークパープルが特徴。

現在のストリートウエアのトレンドも反映させ、高度な機能を持つアパレルをスタイリッシュに仕上げている。

ダークパープルに加えて、キット全体のディテールには深めの黄色を使用。背面の裾部分にはさりげなく「SPURS」の文字が入れられている。

すでに販売も開始されているトッテナムの新ユニフォーム。いい感じの仕上がりだが、ここで一つの疑問が沸いてくる。

トッテナムが2017-18シーズンに使用するホームとアウェイは以下のようなデザインだ。

白、紺といういずれも伝統的なカラー。スパーズのユニフォーム単体としては文句のつけようがない。

ただ、ユニフォームをいくつも用意する理由は本来、相手チームがどんな色であっても被らないようにするためだ。しかしながら今季のトッテナムは、アウェイとサードにかなり近い色合いを採用している。

そしてここからが問題なのだが、プレミアリーグにはこのようなユニフォームのチームが存在する。

そう、過去に稲本潤一が在籍したことで知られるウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン、通称WBAだ。

1888年から始まった世界最古のサッカーリーグ、フットボールリーグの“オリジナル12”であるWBAは、その当時から「白と紺のストライプ」をユニフォームに採用。上の画像の通り、2017-18シーズンも同様だ。 

そうしたクラブがあるなかで、トッテナムのユニフォームラインナップはどうなのか…。

WBAのホームはパンツとソックスが白であるため、トッテナムがダークパープルのサードを着ればそれなりに見分けはつくと思われる。ただ、せっかく3種類のユニフォームを用意するのであれば、もう少し色をバラつかせた方がバリエーション的に良いことは間違いないだろう(トッテナムの場合、欧州戦もあるだけに)。

なお、日本では今年、JリーグのFC岐阜対松本山雅の試合において、松本のグレーのユニフォームが問題となり、ハーフタイムに岐阜がユニフォームを交換するという珍事が発生している。