マーソン氏はアレクシス・サンチェスを除く10人をチェルシーから選出

写真拡大

 アーセナルのOBであるポール・マーソン氏が、17日にスタンフォード・ブリッジで開催されるチェルシーとの“ビッグロンドン・ダービー”に向け、両チームの選手からベストイレブンを選出した。その結果からマーソン氏は古巣の敗戦を予想しているようだ。英『スカイ・スポーツ』が伝えた。

 17日、チェルシーとアーセナルが激突する。英『BBC』によると、ここ11回のプレミアリーグでの対戦でチェルシーが8勝2分1敗と大きく勝ち越しており、スタンフォード・ブリッジでは5連勝中。また、日曜日開催のホームゲームはここまで26試合無敗(19勝7分)とチェルシー優位なデータが並んでいる。

『スカイ・スポーツ』の解説を務めるマーソン氏は、両チームの所属選手からベストイレブンを作成。その結果、FWアレクシス・サンチェスを除く、10人がチェルシーの選手となった。また、アーセナルのMFメスト・エジルも外れている。

 マーソン氏は、「アーセナルの3バックはひどい。中盤の2人はカンテとセスクになるだろう。誰も(アーセナルの)ラムジーやジャカ、エルネニーの方がいいとは言わないはずだ。前線はサンチェスとアザール、モラタにした。ラカゼット(アーセナル)も悪くないが、彼はモラタより優れたフィニッシャーではない」と選出の理由を説明した。

 注目の試合は日本時間17日、午後9時30分を予定している。果たしてアーセナルはこの逆境を跳ね返すことができるのだろうか。

 以下、マーソン氏選出のチェルシーとアーセナルの混合ベストイレブン

▼GK

ティボー・クルトワ(チェルシー)

▼DF

ダビド・ルイス(チェルシー)

ガリー・ケーヒル(チェルシー)

アントニオ・リュディガー(チェルシー)

▼MF

エンゴロ・カンテ(チェルシー)

セスク・ファブレガス(チェルシー)

マルコス・アロンソ(チェルシー)

セサル・アスピリクエタ(チェルシー)

▼FW

アレクシス・サンチェス(アーセナル)

エデン・アザール(チェルシー)

アルバロ・モラタ(チェルシー)


●プレミアリーグ2017-18特集