様々なドッグフードがある

ドッグフードを買いに行って驚くのが、その種類の多さではないでしょうか。

メインで与えるドッグフードやおやつやサプリなどの「目的別」。ドライフードやウェットフードといった「フードの形状」。幼犬や老犬といった「犬のライフステージ」。犬種の違いなどの「犬の大きさ」によって分けられているもの…

犬によって好き嫌いもあったりして、選ぶ際に迷うこともあります。今回はそんな数多くあるドッグフードについて、その種類を見ていきましょう。

目的別のドッグフード

「ドッグフード」ば、まずは大きく「目的」別に分類することができます。

総合栄養食間食目的食

ドッグフードも人間の食事と同様に、メインのご飯となる「総合栄養食」、おやつとなる「間食」といった種類があります。また、人間でいうおかずや副菜と呼ばれるような位置づけであり、特定の疾患向けに栄養やエネルギーの調整をするような「目的食」と呼ばれるものがあります。

総合栄養食の種類

総合栄養食、つまりメインで与えるドッグフードは種類も豊富で、様々な分類があります。種類も豊富な総合栄養食の分類を見てみましょう。

ライフステージ別のドッグフード

授乳期用子犬、幼犬期用成犬期用妊娠期用高齢期用

犬のライフステージ、つまりその「犬の成長段階」によって分類されたドッグフードです。人間もライフステージによって必要なエネルギーやカロリーは変わってきますよね。それらの栄養成分がライフステージに沿って調整されています。

生まれたばかりの「授乳期」には母犬の乳に入っている成分が必要です。この時期には粉ミルクや液状ミルクといったような母犬の乳に近いドッグフードを与えます。少し成長した「子犬、幼犬期」では身体の基礎が作られるため、成長していく上で十分な栄養素が必要です。これらの時期のドッグフードには、カロリーやたんぱく質、ビタミン、アミノ酸やミネラルなどが豊富にバランスよく含まれています。

次に一番種類も豊富で与える時期も長いのが「成犬期」のドッグフードです。成犬期のドッグフードは更に犬種や活動量別で分かれているものを目にします。

また、最もカロリーが必要だといわれているのが「妊娠期」(もしくは「授乳期」の子犬を持つ)の母犬です。普段は成犬期用のドッグフードを与えている場合も、この時期は特別に妊娠期用のドッグフードを選択してみましょう。

最後は「高齢期」に与えるドッグフードです。運動量も減り、必要な栄養素も変わってきます。カロリーや脂肪分が抑えられているような、低カロリー低脂肪がのドッグフードが特徴です。

犬は犬種や個体によって、同じ年齢でもライフステージは異なるため、犬種と年齢を基に自身の愛犬がどのライフステージにいるのかを確認の上で選択をしましょう。

体重や運動量別のドッグフード

肥満犬用活動犬用

ライフステージとは別に、その犬の体重や運動量別のドッグフードもあります。運動不足や疾患による「肥満犬」用にカロリーが抑えられているものから、猟犬や作業犬など通常よりも運動量が多い「活動犬」用に栄養素が調整されているものがあります。

大きさ別のドッグフード

大型犬用小型犬用

大型犬、小型犬といった大きさによって種類が異なるドッグフードもあります。これらにはどういった違いがあるのか、詳しく見てみましょう。

大型犬用・小型犬用のドッグフードの違いとは?

ライフステージ別、体重や運動量別のドッグフードがあることが分かりましたが「大型犬用・小型犬用」といった分類も目にすることが増えました。これらにはどういった違いがあるのでしょうか。基本的に「必要な栄養素」というのは大型犬も小型犬も同様です。これらのドッグフードの大きな違いといえば「カロリー」と「粒の大きさ」の2点になります。

カロリー

小型犬と大型犬の違いは「代謝」だといわれています。一般的に小型犬の方が代謝が激しいため、大型犬用に比べて、より高カロリーに作られているのが小型犬用のドッグフードです。

粒の大きさ

見た目による小型犬と大型犬の違いといえば、やはりその体の大きさ。体の大きさが違うということは、口の大きさも異なります。小型犬用は小さな口に合わせてドッグフードの粒が小さくなっていることが多いそうです。

まとめ

多くの種類のドッグフードがありますが、ライフステージが異なるから、小型犬用のだから、といった理由で与えられないわけではありません。大切なのは「現在の愛犬に必要な栄養素が含まれているか」です。愛犬に必要なカロリーや栄養量を把握しておくことが大事なのかもしれませんね。また、犬によっても味や大きさの好き嫌いもありますし、そのドッグフードの素材の安全性や安心性も気になる点ですよね。

愛犬に必要な栄養素が含まれていて、安心安全な素材で、愛犬も気に入るドッグフードを探してみてくださいね。