チームを敗戦から救う同点弾を決めたクリスティアーノ。その働きはまさにエース。頼りになる男だ。写真:徳原隆元

写真拡大

[J1リーグ26節]横浜1-1柏/9月16日(土)/日産スタジアム
 
 まさに起死回生の一発だった。
 
 1点ビハインドで迎えた87分、敵陣ペナルティエリア付近で柏がFKを獲得する。決めれば同点という場面でボールに向かったのはクリスティアーノ。右足から放たれた一撃はゴールマウス左に突き刺さる。
 
「あの位置でのFKは前々から蹴りたいと思っていた。トレーニングから決めていたので、自信を持って蹴ることができた」
 
 逆転優勝に向け、今日の試合は是が非でも勝利を掴みたかったはずだ。「立ち上がりは相手の左サイドがとても機能していて、難しい展開だった」と振り返ったように、とりわけ先制を許した前半はチームとしても思い通りにならず苦しんだ。
 
 前線を幅広く動き回り、全力で守備をこなすクリスティアーノの姿は頼もしく映ったものの、エースの本来の仕事――ゴールがなかなか奪えない。
 
 それでも、最後の最後でチャンスをモノにするのがエースたる所以。決めるべき選手が結果を出せば、勢いは増す。多彩なゴールパターンを持つ背番号9が、逆転優勝のカギを握る。
 
取材・文:梶山大輔(サッカーダイジェスト編集部)

【横浜 1-1 柏PHOTO】上位対決は齋藤、クリスティアーノのスーパーゴールで決着付かずのドローに終わる