世界一長寿な猫や世界一体の長い猫など、猫にもギネス記録があることをご存知でしょうか。

今回ご紹介するのは、Instagram(@starcats_detroit)でも話題の、パワーズ家の猫たち。

シルバーメインクーンのCygnus Regulusは、自身のFacebookも存在するほど有名で、ギネスブックの「世界一尻尾が長い猫」として認定されています。

世界一の長〜い尻尾

フェザーモップのようにゴージャスな尻尾の長さは44.66cm。

尻尾を揺らしながら歩く姿は、品格すら感じさせます。

ギネスブックの担当者が確認のため家を訪れた時も、想像以上の長さに相当驚いていたとか。

ちなみにCygnusはルームメイトのSirius Altair とは大の仲良し。

Siriusはギネス記録は持っていませんが、一家の癒し的存在という感じでしょうか。

約50cmの背が高い猫!

さらにこの家の凄いところは、もう1匹ギネス保持者(猫?)がいること。

サバンナキャットのArcturus Aldebaranは背の高さが48.4cmで、こちらも国内では最高記録にあたるそうです。

ちなみに2匹ともまだ生後1年ほどでこの大きさのため、今後も記録は更新されるだろうと言われています。

イベントで大人気

なお飼い主のパワーズさんは、「ファーンデイル・キャット・シェルター」という地元の動物保護施設の代表を務めており、3匹はその活動にとても役立っているのだとか。

パワーズさんは「イベントに猫たちを連れて行くと、皆さんとても喜んでくれます。この2匹が何千ドルもの施設の運営資金を集めてくれたんですよ。」と語っています。

Cygnus(白鳥座)、Sirius(おおいぬ座α星)、Arcturus(うしかい座α星)と、星の名前に負けないくらい、3匹にはそれぞれのスター性が備わっているようですね。