ナショナルズのジェイソン・ワース【写真:Getty Images】

写真拡大

ナショナルズ右翼手が捕球態勢も6m後方に落下…ファン目が点「奇妙とはこういうこと言う」

 米大リーグで外野手がフライで捕球態勢に入りながら、グラブを掲げた20フィート(約6メートル)後方にボールが落下する球史に残る珍プレーが発生。何度見てもおもしろい“笑撃”シーンをMLBネットワーク公式ツイッターが動画付きで紹介し、「これ、ゲームのバグじゃないの?」と全米のファンは目が点になっている。

 なぜ、彼は“捕れる顔”をしたのか。全米が目を疑った珍プレーを演じたのはナショナルズの外野手、ジェイソン・ワースだ。

 15日(日本時間16日)のドジャース戦。右翼の守備に就いていたワースにフライが飛んできた。映像では、打球方向を見上げながらこちら側を向き、捕球体勢に入っている。誰もが平凡なフライと思った。左手のグラブを掲げた。しかし、一瞬の間が……。何か、おかしい。そう思った次の瞬間だった。196センチの巨漢の後方に白い影が上から下に、まるで流れ星のように走った。

 そう、白い影の正体は白球だ。打者が打ったボールだった。ワースは捕球態勢に入りながら、実はフライを見失っていたのだ。にもかかわらず、完全に“捕れる顔”を見せていた。味方も敵も観客も、ある意味、全員を欺くプレー。しばらくフリーズしていたワースは後方で落下する音が聞こえたのか、なんとも悲しげな目を浮かべていた。

ファンから仰天続出「リアルに起きたこと?」「キャッチミス…僕の結婚のようだ」

 映像だと、思わず何度でも見てしまうシュールな笑撃シーンをMLBネットワークが動画付きで紹介。目の当たりにしたファンは「これはリアルに起きたこと? ゲームのバグじゃないのかい?」「奇妙とはこういう時に使うんだろうな」「このキャッチミス…僕の結婚のようだ」「もうワースレスで頼む」と仰天した様子だった。

 通常、見失った場合は周囲の外野にフォローしてもらうため、アピールすることが多い。MLBの公式動画サイト「Cut4」は「ジェイソン・ワースはフライのキャッチに準備万端だった。唯一の問題、それはボールが彼の20フィート後ろで落下したことだ」と特集。記事では「事件」と表現し、ボールを見失ってしまったワースはこう“弁解”したという。

「あの4、5分は本当に紫色の空が広がっていて、そうなった時はいつも難しいものなんだ。とても高く上がったものは、困難になりえるとみんながわかっている。あの時は高く上がって、その着地点に走った。僕は少なくとも付近だと思っていたよ。もしボールの落下は確認できていれば、無事キャッチできていたかもしれない。何もできないような気分だった」

 日が暮れる前の夕空とボールが重なる不運によって「事件」を起こしてしまったワース。チームも0-7で敗れ、打っても3打数無安打とワースにとっては散々な一日になってしまった。