“才能あふれる”柴崎の「壮麗なボレー」 英メディアもバルサ戦の衝撃弾を絶賛

写真拡大

柴崎のリーガ初得点に続々と賛辞 「信じられないほど強烈なボレー」

 ヘタフェの日本代表MF柴崎岳がリーガ・エスパニョーラ第4節の本拠地バルセロナ戦に先発出場し、前半39分に左足の鮮やかなボレーシュートでリーガ初得点をマークした。

 強豪バルサ相手に決めた鮮烈弾は、スペインメディアだけでなく、海を渡ったイングランドのメディアでも特集されるほどのフィーバーとなっている。

 柴崎はバルセロナ戦の前半39分、MFマルケルが頭で落とした浮き球を左足のダイレクトボレーでゴール右隅に蹴り込んだ。鮮やかな一撃で、名手のドイツ代表GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンの守るゴールネットを揺さぶり、嬉しいリーガ初得点となった。

 柴崎は後半9分に左足を痛めて無念の途中交代となり、チームも1-2の逆転負けを喫したが、ゴラッソを決めたインパクトは絶大だった。

 英衛星放送「スカイ・スポーツ」は、「ヘタフェのガク・シバサキがバルセロナ相手に信じられないほど強烈なボレーを決めた」との見出しで報じた。「バルセロナを相手にガク・シバサキの才能あふれるボレーを見よ」と動画も公開されている。

 記事では「39分、ペナルティーボックスに目がけたロングボールをマルケル・ベルガラが巧みに落とすと、シバサキは強烈なシュートをトップコーナーに叩き込んだ」とゴールシーンが描写されている。

欧州中にインパクトを与えた一撃

 英紙「ガーディアン」でも、ヘタフェとバルセロナ戦のマッチレポートが紹介されている。メインはバルサの勝利を伝える内容となっているが、「ガク・シバサキが壮麗なボレーで得点した」と圧巻のボレーシュートは絶賛の対象となっている。

 普段はプレミアリーグでプレーするFW岡崎慎司(レスター・シティ)やDF吉田麻也(サウサンプトン)以外の日本人選手の名前が登場することは稀な英国メディアでも、柴崎のスーペル・ゴラッソは特集されている。昨季のテネリフェ加入直後は適応に苦しんだ柴崎だが、スペインの地で水を得た魚のような活躍を見せ、その名前を欧州中に轟かせている。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images