ワンダ・メトロポリターノ初ゴールを奪ったグリーズマン「最高のスタジアム」

写真拡大

▽アトレティコ・マドリーのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンが、新スタジアムでの初ゴールに喜びを示した。スペイン『マルカ』が報じている。

▽アトレティコは16日、リーガエスパニョーラ第4節でマラガと対戦。新スタジアムであるワンダ・メトロポリターノのこけら落としとなった。数々のイベントが行われて迎えた一戦では、前半こそゴールレスで終えるも61分にグリーズマンのボレーシュートが決まり試合が動く。これが決勝点となり、1-0でアトレティコが、新スタジアム初戦を白星で飾った。

▽試合後、グリーズマンはワンダ・メトロポリターノでの印象を口にしている。

「木曜日にここで練習したのだけれど、その時は12番目の戦士であるファンがいなかった。今日は本当に最高の気分で試合をできたね。素晴らしい、最高のスタジアムであり、これが僕たちの新しい家だ」

▽なお、アトレティコは次節はビルバオとのアウェイゲームに臨み、第6節では再びワンダ・メトロポリターノに戻り、セビージャを迎える。