本田圭佑は後半33分から途中出場したがチームは3連敗となった

写真拡大

[9.16 メキシコ1部第9節 レオン3-1パチューカ]

 日本代表FW本田圭佑の所属するパチューカは16日、敵地でレオンと対戦し、1-3で敗れた。パチューカはリーグ戦3連敗。ベンチスタートの本田は後半33分から途中出場したが、得点に絡むことはなかった。

 メキシコの名門パチューカの歯車は狂ったままだ。ホーム未勝利のレオンのスタジアムに乗り込んだパチューカだったが、開始4分に先制点を献上すると、同25分、同28分と立て続けに失点。前節のグアダラハラ戦同様に前半だけで3失点を喫する苦しい展開を強いられる。

 後半8分にはCKのこぼれ球をDFラウール・ロペスが押し込んで1点を返したが、反撃はこれだけ。後半33分からは最後の交代枠で本田が投入されたが、得点機を生み出すことは出来なかった。


●海外組ガイド