ボルボの新型クロスオーバー「XC40」の映像が誤って(?)流出! 全体像が明らかに

【ギャラリー】2018 Volvo XC404


不運な事故か、あるいはそれを装ったプロモーション戦略なのかは分からないが、ボルボ・ハンガリーから流出された映像によって、我々はボルボのコンパクトな新型クロスオーバー「XC40」の姿を、9月21日に予定されている正式発表より前に知ることができた。


この映像は当初、クルマが部分的に映し出されるティーザーとして公開されたのだが、その後、誤って(あるいは意図的に)車両全体が映っているフルバージョンが公開されてしまったのだ。上の画像はそのスクリーンショットだ。これを見ると、2016年に発表された「コンセプト 40.1」のデザインが、市販モデルにしっかりと反映されていることが確認できる。実際、コンセプトカーが市販化される際にデザインが変更されてしまって、がっかりすることは決して珍しくない。



このXC40が投入されることで、ボルボのクロスオーバー/SUVラインアップは全て出揃うことになる。新型XC40は同社の新しい小型車用プラットフォーム「CMA(コンパクト・モジュラー・アーキテクチャ)」をベースとする最初のモデルで、今後は「S40」セダンや「V40」ハッチバックといったボルボの次世代のコンパクト・モデルだけでなく、親会社である中国・吉利汽車(ジーリー)の新型車にも採用される予定だ。

インテリアのスクリーンショットを見ると、より大きな「XC60」や「XC90」と共通したデザインであることが確認できる。モバイル・デバイスのワイヤレス充電が可能であることも分かった。

エンジンは、まず新開発の1.5リッター直列3気筒ガソリン・ターボを搭載して発売され、これに電気モーターと7速デュアルクラッチ式トランスミッションを組み合わせた「T5」と呼ばれるプラグイン・ハイブリッドや、2.0リッター直列4気筒も遅れて追加される見込みだ。

By ANTTI KAUTONEN
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【ギャラリー】2018 Volvo XC404



■関連記事
・ボルボ、新型クロスオーバー「XC40」の写真をうっかり流出
・ボルボ・カーズ、 内燃機関のみを搭載した車の終焉を発表し、2019年以降から全モデルを電動化へ
・ボルボ、洗練された将来のコンパクトカーを提示する2台のコンセプトカーを発表