※写真はイメージ

写真拡大 (全4枚)

みなさんは630円の商品を購入した時、店員さんにいくら支払いますか。

人によっては、おつりで返って来る釣銭の枚数が少なくなるよう、計算してから渡すかもしれません。分かりやすく、『調整派』と呼びましょう。

しかし、釣銭を少なくする行為を快く思わない人たちもいます。いうなれば、『調整否定派』です。

『調整派』や『調整否定派』は、どのような意見を持っているのでしょうか。

釣銭の枚数にこだわったら、みっともない?

ネットで話題となっているのは、「630円の商品を買う時に、1130円出す」という行為。

この支払いかたなら、返って来る釣銭は、500円玉が1枚だけで済みます。

もし、1000円札で支払ったら、おつりは370円。返ってくる釣銭は6枚になってしまいます。釣銭1枚のほうが、財布もスッキリしそうです。

しかし、『調整否定派』にいわせると『調整派』を嫌う理由はさまざまあるようです。

お会計の金額より多く出すのが、感覚的に「気持ち悪い」って感じる。「1000円札を渡すので十分だろう」って思っちゃう。神経質な人っぽくてイヤだ!一緒にいる時はやらないでほしい。1人のときにやって。お金にこだわってる姿が、みっともない。支払いのたびに、得意げな顔をされたらウザい!

もちろん、反対意見ばかりではありません。『調整派』に賛同する声も多くあります。

お財布パンパンな人って、だらしなくてイヤじゃん。レジの前で、もたつかないなら、いいと思う。気にしない。人の支払いかたに、文句を付けるほうが気持ち悪い!店員さんへの気遣いだよ、何枚も小銭を取るのは大変でしょ。500円とか50円とか、キリのいい数字だと気持ちいい!

支払いかたは、人によって違います。

例えば、5670円の会計に、6000円で支払う人もいれば、端数も入れた6070円を渡す人もいるでしょう。

中には、6220円を渡し、550円の釣銭を受け取る人もいます。

釣銭の枚数を少なくすることには賛否がありますが、レジ担当の人は、どう感じているのでしょうか。

『調整派』は、どう見える?

店による違い

『調整派』は多いのでしょうか。

立地や、種類の違う店で聞いてみました。

エキナカのコンビニ

駅の中にあるコンビニで働いていた経験のある女性に、たずねてみると、こんな答えが返ってきました。

エキナカだと、意外といません。

すぐそばがビジネス街だったので、急いでいる人が多かったのでしょう。

※写真はイメージ

時間に追われている人たちは、すぐにお金を渡せることを優先していたようです。

「自分の後ろに並んだ人も急いでいる」という状況だと、もたつきを見せないために、お札で会計することが増えてしまいそうですね。

街中のコンビニ

店舗の立地にもよりますが、急いでいる人が多いエリアでは『調整派』は少ないようです。

一方、街中のコンビニでレジを担当した経験を持つ男性に聞いてみると…。

結構多かったです。

女性よりも、男性が多い印象でした。

「どんな時でも頭を使おう」と親や塾でいわれたことを実践しているのか、子どもがしていることもありますよ。

お客様の中には、計算を間違えて、よけいに枚数が増えた釣銭を、笑いをこらえながら受け取る人もいました。

766円のお会計で、釣銭を555円にしようとした人が、なぜか445円になってしまって…。

釣銭の枚数が、普通に1000円札で支払うより、増えているんです。

手渡すほうも、とても気まずかったですね!

大人だけでなく、子どもの中にも『調整派』はいるようです。

きちんと計算ができた時の気持ちよさは、ゲーム感覚で好まれるのかもしれません。

住宅地のスーパー

スーパーでパートをしていた女性は、こんなことを語ってくれました。

たぶん、多かったと思います。

でも、私が働いていたスーパーのレジは、自動で釣銭が出てきますからね。

お金を受け取った段階で、「変な数字だなあ」とはほとんど感じません。

スピード感が大切ですから、思っているヒマがないといいますか…。

お客様が計算を間違えても、レジから出てきた分を返すだけですから、私はたぶん気付いていません。

ただ、レジからおつりとして500円玉だけ出てくると、「渡すの簡単でいいな」とは思います。

私もお客様も、小銭を落とすことが少なくなりますから。

自分で釣銭を1枚ずつ取る必要のないレジでは、釣銭を渡す時に意識が集中するのですね。

「計算を間違えていると、気まずい」という声はあるものの、「『調整派』は迷惑」というような意見はありませんでした。

釣銭の枚数を少なくする工夫を続けても、お店の人の視線は気にしなくてよさそうです。

ちなみに、海外の人はどうかというと、アメリカでも釣銭の枚数を少なくするために、計算してから支払う人はいるそう。

キリのいい数字にしたい」という思いは、国を越えても一緒なのですね。

※写真はイメージ

釣銭の枚数が少なくなるように計算すれば、脳のトレーニングにもなります。

普段、買い物で計算をしていない人は、疲れていない時に試してみてもいいかもしれません。

ただ、ICカードの普及にともない、小銭を扱うことが減っています。

釣銭の計算が、『貴重な経験』になる日も、そのうち来るかもしれませんね。

[文・構成/grape編集部]