20年ぶり!リーボック「DMX RUN 10」がオリジナルカラーで復刻

写真拡大 (全5枚)

スニーカーブームの中、感度の高い人たちに人気なのがリーボック。個性を放ちつつ機能面もバッチリというのが魅力ですよね。今回20年ぶりに登場するのは、名作「DMX RUN 10」。しかも、オリジナルカラーの完全復刻です。

90年代のハイテクスニーカーブームを牽引したモデルのひとつ、リーボックの「DMX RUN 10」。今回登場するのは、誕生20周年記念モデルです(価格:1万9440円/9月15日発売)。注目は1977年当時のオリジナルカラー2色の完全復刻。いずれも随所に施されたリフレクター素材、ユニークなシュータンなど、90年代らしいデザインも健在です。

また、「DMX RUN 10」といえばリーボック独自の「DMX Moving Air Technology」を初めて搭載したランニングシューズ。ソールに搭載された“エアポッド”によって安定性とクッション性があり、機能面においてもバッチリ!

ほかに、カーキも同時発売(価格:1万7280円)。今秋の流行カラーですから、こちらも注目度大ですね。

>> Reebok

 

(文/&GP編集部)