子育てイライラは“あの体験”のせい!? 「子ども時代のトラウマ」に起因するママの悩み解消法

写真拡大

「つい子どもにイライラしてどなってしまう」「子どもは可愛いのに、子育てがどうしてもしんどい」「私には育児が向いていないかも」…。

イライラ爆発前に試そう!日常の育児ストレスを手軽に解消する5つの方法【ストレス解消法まとめ】

そのように育児に悩むママの声を、最近よく耳にする気がします。楽しみながら子育てをしているママもいるのに、向いていないと悩むほど育児がつらくなるママもいるのはなぜなのでしょう。

カウンセラーで、『お母さん、私を自由にして!』著者の高橋リエさんによると、子どもや育児、家庭に関するママの悩みは、ママ自身の「子ども時代」の育ち方やトラウマ(精神的ショックによる心の傷)に起因するケースが多いそうです。詳しいお話を伺いました。

「いい子」だったママほど、子どもにイライラしやすい

言うことを聞かない子どもにイライラした経験は、程度の差こそあれ、ママなら誰でもあることでしょう。この子どもへのイライラの感情について、高橋さんは次のように説明します。

高橋さん(以下、高橋)「ママが子どもにイライラしてしまうのは、子どもがさっさと支度をしない、行儀よくご飯を食べない、片づけをしない、歯磨きをしない、すぐ寝てくれない、といったことですよね。

いずれも、子どもが親の都合に合わせてくれないという状況です。子どもには、子どもなりの意志やペースがありますから、毎日が親の都合とのせめぎ合いになります。だから子育てって大変なんですよね」

もちろん、子育てはどんなママにとっても大変なものです。しかし、その感じ方は人によって異なります。実は、幼いときに常に親の言うことをよく聞く「いい子」だったママほど、イライラしやすい傾向があるのだとか。

高橋「といっても、いい子にしていたのは、ママ自身がそうしたかったからではないはずです。本来子どもは、子どもらしく天真らんまんに感情を表したり、駄々をこねたりするもの。

でも、そうすることでいつも母親や父親の機嫌が悪くなったり、きつく叱られたりすると、子どもは親に見捨てられないよう、必死で親の顔色をうかがいながら、自分の気持ちを抑えていい子を演じるようになります。

そんな子ども時代を過ごしたママの中には、インナーチャイルドがいて、子どもが子どもらしく振る舞うのを見ると、チャイルドが『なぜ私のように我慢して、いい子にしないのよ!!』と、怒りやイライラの感情を爆発させてしまうのです」

インナーチャイルド(自分の中の子ども)とは、心理学でよく使う言葉で、傷ついた時点で成長が止まってしまった自分の一部を指すそう。

このようにイライラが起こる理由を聞くと「なんだ、そういうことだったの!?」と目からウロコが落ちたママも多いのではないでしょうか。

「みんなと仲よく」親の教えが呪縛に…

そのほか、最近のママに多いという「子どもの友人関係が心配でしかたない」「ママ友との付き合いがつらい」といった悩みも、ママ自身の子ども時代の体験や親の言動が原因となっている可能性があるそうです。

高橋「小学生の下校時間になると、『今日は誰と約束してきたかしら』と、不安でいてもたってもいられなくなる、子どもがたまに家で一人でくつろいでいると、『お友達に嫌われたのでは?』と勝手に想像してぐるぐる悩んでしまう…。そんなママが、全国に大勢います。

子ども自身が友人付き合いで悩みやトラブルを抱えているわけでもないのに、先回りして心配ばかりするのは、ママの過剰反応であり、トラウマ反応を起こしていると考えられます。

この場合、もしかしたらママ自身が、親から『みんなと仲よくしなさい』『人に好かれなければダメ』と教え込まれてきたせいかもしれません。

一方、ママ友付き合いに悩んでいる場合は、無意識のうちに、相手に自分の母親を投影していることが多いです。子ども時代に、個性の強い親に常にコントロールされて育った人は、家の外で出会う他人にも自分の親を重ねてしまう傾向があるんです」

「家事がイヤ」も、子ども時代の体験がきっかけ!?

さらに、ちょっと意外ですが、家事がどうしても好きになれない、面倒でしかたない、という「家事ギライ」や「ズボラ」も、理由をたどれば、たいてい子どもの頃のトラウマ体験と関係しているといいます。

高橋「たとえば幼いとき、お母さんのお手伝いをしたいと思っていっしょにやろうとしたのに、『あなたはやらなくていい』『邪魔よ!』と拒否された、『手伝いなさい』と言われたからやったのに、『なんでちゃんとできないの!』とさらに怒られた、そんな苦い体験があると、台所仕事や掃除などに、嫌な思い出ができているんですね。

そのせいで、キッチンに立ったり、掃除しなきゃと思ったりするたびに、その思い出が無意識に浮上して、やりたくなくなるのです。家事嫌いのママは、そんな過去を持つ可能性が考えられます」

ネガティブな感情を切り替えるコツ

では、こうした子ども時代のトラウマ体験に起因するママの悩みを解消するには、どうしたらいいのでしょうか?

「まずは、あの体験が原因かもしれないと気づくことです」と高橋さん。

悩みが深い場合は専門家に相談することも必要ですが、気づくだけで自然に呪縛から解放されてスッキリすることもあれば、少し気持ちを整理して切り替えることでラクになることもあるそうです。

以下、悩み別に、高橋さんからのアドバイスを紹介します。

子どもにイライラする

高橋「思い通りにならないからと子どもを頭ごなしに叱ると、子どもの気持ちを無視することになり、ますます子どもが言うことを聞かなくなります。すると親はさらに怒り、恐怖で子どもをコントロールしようとします。

その結果、子どもは『ママに嫌われている』『自分はダメな子なんだ』と思い込んで、自己肯定感が低くなってしまいます。

この悪循環を止めるためにも、言うことを聞かない、駄々をこねるなどの子どもの振る舞いにイライラしたときは、まず『この子は、私が子どもの頃、やりたくてもできなかったことを、今、代わりにやってくれているんだ』と思うようにしましょう。

次に、子どもの目線に立って、子どもが今何を感じているかを想像してください。それはかつて、ママ自身が感じていたことです。

『自分も、子どもの頃は同じように感じていたんだ』と腑に落ちれば、もうイライラはしなくなります。これが、子どもに共感するということです。

子どもへの共感が習慣になって、常に気持ちに寄り添えるようになると、子どもも安心して素直になってくれるので、子育てが楽しく、ラクになります」

子どもの友人関係が心配

「まずは、ママ自身が『これは過剰反応なんだ』と気づき、さらに『子どもの問題ではなく、自分自身の不安が強いせいだ』と理解する必要があります。

一昔前、たとえば戦時中の日本の村社会では、周囲から浮くと村八分にされて食料を分けてもらえないようなこともあったでしょう。でも、今は他人に嫌われても、気にしなければ困ることはありません。

子どもが友達と約束してこなくても、『学校でのストレスを癒すためには、家でのんびり一人で過ごす時間も必要なんだ』と考えて、過剰に心配しないようにしましょう」

ママ友付き合いがつらい

「特に苦手な人と関わるときは、『この人は、私のお母さんじゃない』と、おまじないのように何度も唱えてみてください。それが案外、きくことがあります。

自分と同じようにママ友付き合いが苦手そうな仲間を見つけて、励まし合いながら乗り切るのもいいでしょう」

家事がイヤでしかたない

「子どもの頃、親にお手伝いを拒否されたりダメ出しされたりした記憶がある人は、自分のインナーチャイルドに『せっかくお手伝いしようとしたのに、あんなふうに言われて、悲しかったよね』と心の中で話しかけて、共感してあげましょう。

次に、『あなたは無理にやらなくていいよ』と伝えて、チャイルドを安心させてあげてください。

かわりに、今現在の『大人の自分』が、家事をやるのです。そんなふうに自分の中の子どもと大人を切り分けてみると、案外すんなり家事ができることがあります」

子育ては、ママのトラウマを癒すチャンス

筆者も、家事が嫌いで、つい後回しにするクセがあるのですが、今回高橋さんのお話を伺って、子どもの頃、父親が教育熱心で家庭内に「お手伝いより勉強優先」という空気があったこと、たまに家事を手伝ってもうまくできず、母親に呆れられていたことを思い出しました。

子育てでイライラしやすいママや家事が苦手なママは、「私ってなんてダメなの…」と自分を責めてしまいがち。

しかし、そうした心理の根本に、忘れかけている子ども時代の体験が関係しているとわかれば、不毛な自己嫌悪のスパイラルに陥らずに済みそうです。

ただ、悩みの原因が親の育て方にあったと思うと、自分の親を恨みたくなるママもいるでしょう。高橋さんは、親に複雑な感情を抱く「毒親育ち」のママたちに向けて、こんなふうに呼びかけています。

「毒親といわれる親たちのほとんどは、厳しい生い立ちで、子どもの頃、たくさん我慢してきた人たちです。決して好きで子どもにトラウマを植えつけたわけではなく、親は親なりに一生懸命子育てしてきたのです。

そう思えば、親への恨みや怒りも少し治まるのではないでしょうか。

そもそも現代人は、誰もが何らかのトラウマを抱えています。子育ては、子ども時代の感情体験をやり直し、傷ついたインナーチャイルドを癒すことができる貴重なチャンス。

我が子のありのままを受けとめて、子どもの気持ちに心から共感することこそ、チャイルドを癒してママ自身が子ども時代のトラウマから解放される近道なんですよ」

大人として母親として、常に責任を求められる立場ですが、ママだって、もとは「子ども」。ときにはゆっくり子ども時代を振り返って、子ども心や本当の自分を取り戻す時間も必要なのかもしれません。

取材協力:高橋リエ

母娘*謎解きカウンセラー。都内メンタルクリニック勤務を経て、2012年より、機能不全家族で育った女性たち向けにカウンセリングサロンをスタート。

「無意識の思い込み」に気づき「本当の自分」に目覚める「自分再生*リバースカウンセリング」を軸に、サロンのほか、ワークショップや各種講座を主催。無料メルマガ「母と娘の心の謎を解くメールカウンセリング」の会員は海外まで広がり、3年で5,000名を超える。