パウリーニョが移籍後初ゴール

写真拡大

[9.16 リーガ・エスパニョーラ第4節 ヘタフェ1-2バルセロナ]

 バルセロナは16日、リーガ・エスパニョーラ第4節でヘタフェのホームに乗り込み、2-1で逆転勝ち。決勝点を決めたMFパウリーニョが移籍後初ゴールを喜んでいる。クラブ公式サイトが伝えた。

 パウリーニョは1-1の後半32分にMFイバン・ラキティッチと代わってピッチへ。すると39分、FWリオネル・メッシのスルーパスを受け、PA右に侵入してシュートをゴール左にねじ込んだ。これでバルセロナは逆転勝利を飾り、開幕4連勝とした。

 移籍後初ゴールを決めたパウリーニョは、「レオ(メッシ)の素晴らしいパスを生かすことができた。僕は、勝利を決定づけるゴールを決めることができてとても幸せだよ。あのゴールは、とてもスペシャルだった。とても難しい試合だったけど、僕らは勝ち点3を手にすることができたし、それが何より大事だね」と満足感を示した。


●リーガ・エスパニョーラ2017-18特集