宇野昌磨【写真:giacomello foto】

写真拡大

ロンバルディア杯、羽生に続く歴代2位319.84点、2位ブラウンに60点差の圧倒V

 フィギュアスケートのロンバルディア杯(イタリア・ベルガモ)は16日、男子ショートプログラム(SP)1位の宇野昌磨(トヨタ自動車)がフリーで214.97点をマークし、自己ベストの合計319.84点で2連覇を果たした。羽生結弦に続く世界歴代2位の高得点で2位ジェイソン・ブラウン(米国)に60点差をつける圧勝に、米メディアは「ウノが戦場を破壊した」と絶賛している。

 日本が誇る19歳が今季初戦で世界に衝撃を与えた。宇野は5本の4回転に初挑戦。サルコーを主要な国際大会で初成功させるなど、圧巻の演技で2年連続で表彰台の真ん中に立った。

「ウノが戦場を破壊した。再び、今度はロンバルディア王者として」

 米スケート専門メディア「icenetwork」は刺激的な見出しを打って、宇野の連覇を特集。スコア上は争いにならないほどの圧倒的な大差をつけたことに称賛の拍手を送っている。

舌を巻くほどの圧倒的な大差「最も拮抗しているはずのライバルを打ち負かした」

「ウノは戦場を粉砕して圧勝。最も拮抗しているはずだったライバル、アメリカのジェイソン・ブラウンを打ち負かし、およそ60点もの差をつけた」

 2位のブラウンは259.88点。美しいスケーティングで日本のファンにも愛されている15年の全米王者に60点に迫る大差をつけ、圧倒的すぎる優勝に舌を巻いているようだ。

 昨季の世界選手権銀メダリストの今季初戦には日本の報道陣約30人が殺到している“ショウマ・フィーバー”が伊メディアに注目され、「スーパーなウノ」と称賛を受けていた。

 今季初戦から世界を驚かせた宇野。平昌五輪では前回王者・羽生との争いが注目されるが、まずは最高の形で17-18年シーズンを滑り出した。