ペルージャの北朝鮮人FW、またゴール奪う!今度はパルマ相手に

写真拡大

今夏カリアリからペルージャにローン移籍すると、セリエBでゴールを量産している北朝鮮人FWハン・グァンソン。19歳のストライカーがまた得点を決めた。

第4節パルマ戦に先発すると、前半18分に先制点を奪取。味方のクロスをGKが弾くと、素早く反応して頭で押し込んだ。

ハン・グァンソンは59分までプレーし、チームも3-0で勝利。ペルージャは開幕4戦で3勝1分の首位となっており、そのなかでハン・グァンソンは5ゴールを記録している。

フェデリコ・ジュンティ(ペルージャ監督)

「彼はイタリアにうまく融合しているし、スマートな子だよ。1998年生まれの選手はとてもテクニカルでもある。

いいキャリアを送るための全てを持っているね。とはいえ、時間をあげなきゃ」