テレ東、またしても「魚をぜんぶ獲る」番組で大発見!

写真拡大

テレビ東京系列にて9月17日(日)放送の『東京湾大調査!お魚ぜんぶ獲ってみた〜深海500mカメラ仕掛けたら〜』(19:54〜21:54)にて、東京湾で初確認となる魚を発見していたことがわかった。

メイプル超合金(カズレーザー・安藤なつ)がゴールデンで初MCを務める同番組では、世界に誇る大都市圏の豊かな漁場「東京湾」に一体何種類の生物がいるのか調査。生息する生物を片っ端から獲りまくり、確認する。

その調査中、小島よしおが乗る船で、東京湾でこれまで確認されたことがなかった魚が捕獲された。その名も「ヒメコトヒキ」。本来は南日本の内湾や汽水湖で揚がる魚だ。さらに今回、2009年以来、東京湾では2例目となる、深海サメ「ヨロイザメ」の捕獲にも成功。漁船に同行していた専門家も見たことがなく、種類の特定がその場でできなかったほど珍しいサメだという。また、立ち会った専門家が思わず「博物館に持ち帰り剥製にしたい」と言うほど珍しい「アブオコゼ」も捕獲されるなど、激レアの生物が続々登場する。