HAYが選ぶキッチンツールの巡回展がアジア初上陸

写真拡大

 デンマークのインテリアブランド「ヘイ(HAY)」が、巡回展「HAY KITCHEN MARKET」をifs未来研究所 未来研サロン WORK WORK SHOPで開催する。期間は10月16日から22日まで。

 「HAY KITCHEN MARKET」は、今年6月にコペンハーゲンを皮切りに開催をスタート。8月にニューヨークに巡回し、東京ではデザイン&アートフェスティバル「デザイナート 2017(DESIGNART 2017)」に合わせて展開される。アジア地域での開催は東京が初めて。
 会場ではヘイのアクセサリーのクリエーティブディレクターを務めるMette Hayと、デンマークのシェフでレストラン経営者でもあるFrederik Bille Braheが厳選した日常のキッチンツールを公開。モロッコのハンドメイドのグラスやインドのピッチャー、日本のスポンジ、 イタリアのナプキンホルダーなどの商品を世界各国からセレクトするほか、ヘイオリジナルのカトラリーシリーズやマグカップコレクション、テラガラスコレクションなどが並ぶ。
 また、今秋発表された「RESULT CHAIR」「PYRAMID TABLE」やStefan Diez、Johan Van Hangelなどによる照明も同時に紹介し、先行受注販売を行う。