1番をパー発進したイ・ボミ(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<マンシングウェアレディース東海クラシック 最終日◇17日◇新南愛知カントリークラブ美浜コース (6,446ヤード・パー72)>
台風18号の接近による悪天候の影響で、競技の開催が危ぶまれた国内女子ツアー「マンシングウェアレディース」最終日だったが、予定通り午前7時半から2ウエイでのスタートとなった。
悪天候の中、奮闘する美女ゴルファーの最新情報はLIVEフォトでチェック!
午前7時40分に1アンダー・23位タイから出た、韓国の“スマイルキャンディ”ことイ・ボミ。スタートホールの1番をパーとして、最終ラウンドのプレーを始めている。
このあと、トータル7アンダーで首位に並ぶ4人のうち、辻梨恵、大山志保、アン・ソンジュ(韓国)の3人が最終組で、もう1人の比嘉 真美子は、1打差の2位タイに並ぶ菊地絵理香、全美貞(韓国)とともに、最終組の1つ前の組からスタートする予定となっている。
【主要組のティオフ時間】
08時20分:ジョン・ジェウン、永峰咲希、岩橋里衣
08時30分:柏原明日架、永井花奈、岡山絵里
08時40分:成田美寿々、川岸史果、O・サタヤ
08時50分:比嘉 真美子、菊地絵理香、全美貞
09時00分:辻梨恵、大山志保、アン・ソンジュ

<ゴルフ情報ALBA.Net>

ご近所さんに負けるな!ツアー初Vを狙う南足柄市出身の辻梨恵
腰痛を乗り越えた菊地絵理香にご褒美!?首位と1差のVチャンス!
悩める宮里美香の今後 米ツアーファイナルQTの受験は「じっくり考えます」
「うまくいかないからこそ、ゴルフは面白い」 見習いたい大山志保の向上心
韓国の“セクシークイーン”の悩殺ショットはこちらから!