▽元日本代表MF森岡亮太が所属するベベレンは16日、ジュピラー・プロ・リーグ第7節のシャルルロワ戦に臨み、2-2で引き分けた。森岡は7戦連続先発出場を果たし、フル出場を果たしている。

▽前節のオイペン戦を森岡の2ゴール1アシストの活躍もあり5-1で大勝したベベレンが、4連勝中の2位・シャルルロワの本拠地に乗り込んだ一戦。トップ下で先発した森岡は15分、アンポマーのパスをボックス手前で受けると右足を振り抜くが、これは相手GKにキャッチされる。

▽さらにベベレンは27分、森岡がボックス左手前からボックス右にパス。これを受けた味方のクロスをファーサイドでアンポマーが右足で合わせたが、枠を捉えることができない。

▽攻勢を続けるベベレンは前半アディショナルタイムにビッグチャンスが訪れる。敵陣中央で相手DFから森岡がボールを奪うとそのまま持ち上がりGKと一対一。しかし、これは決めきることができない。

▽ゴールレスで迎えた後半、ここまで試合を優位に進めてきたベベレンがセットプレーから失点を喫する。65分、ルケバキオの左CKをファーサイドででソレイユに頭で押し込まれる。

▽先制を許したベベレンは直後、森岡の右CKからゴールを脅かしたがゴールとはならず。すると73分、パス回しからシャルルロワに侵攻を許し、ボックス右のイライマハリトラのクロスをレザエイにゴールネットを揺らされた。

▽2点ビハインドとなったベベレンはその後も森岡を起点とした攻撃からゴールに迫る。87分、ボックス手前右でFKを獲得。これをキッカーの森岡がクロスを選択するが、味方に合わず。しかし、これを拾った味方のパスをボックス左外で受けたディエルクスのクロスをボックス中央のテリンがヘディングでゴール右隅に流し込んだ。

▽1点差に詰め寄ったベベレンはその後、猛攻を続ける。すると後半アディショナルタイム、ボックス左外からのクロスのこぼれ球をペナルティーアーク内で拾ったセックが左足を振り抜き、右ポストを叩いてゴールネットに突き刺してベベレンが土壇場に追いついてそのまま試合終了。ベベレンが敵地で勝ち点1をもぎ取った。

▽なお、ベベレンは次節、ホームでアンデルレヒトと対戦する。