©テレビ朝日

写真拡大 (全4枚)

9月17日(日)に放送される『しくじり先生 俺みたいになるな!!』には、これまで大きな話題を巻き起こす授業を何度も展開してきたオリエンタルラジオ・中田敦彦が登壇。

©テレビ朝日

視聴者から公募した一般の塾生を教室に招いて行う「一般公開授業」の第2弾を行う。

これまで、偉人のしくじりや名作文学などについて熱い講義を展開してきた中田。そんな中田が今回の授業のテーマに選んだのは、人生の終わり、“終活”だ。

©テレビ朝日

今回中田は、「もし、今日、自分が死んでしまったら?」と考え、徹底シミュレーションを行ったと説明。

結果、死ぬ前にやっておくべき3つのことがあると気づいたという。その3つとは、「遺言書を書く」「葬式を決める」「墓を決める」。

遺言書、葬儀、墓…これら3つについて実際に“終活”に取り組んできたという中田が、自身の終活過程を紹介しながら、誰もが避けて通ることのできない“死”について考えていく。

©テレビ朝日

授業の最後には、中田からの熱いメッセージで教室は感動の嵐に…。中田塾、最後の授業は見逃せない!