イブラが語る「まだ復帰しない理由」がカッコイイ

写真拡大

『Express』は15日、「ズラタン・イブラヒモヴィッチは、ファンは素晴らしいものを期待するべきだと語った」と報じた。

昨季終盤に膝を負傷し、長期離脱を余儀なくされたイブラヒモヴィッチ。リハビリは順調に進み、ユナイテッドとの再契約も果たしたが、まだピッチには戻れていない。

彼は怪我からの復帰について以下のように話し、戻ったときには言い訳をしたくないと語ったという。

ズラタン・イブラヒモヴィッチ

「オレがピッチでプレーするために戻った時、これまでよりも良くなっているだろう。

まだ復帰できていないのは、オレがかつてのオレだからだ。昔の自分よりいいバージョンになるために戻るのだ。どうなるか、想像してみてくれ。

いい感じだよ。膝を怪我してから毎日トレーニングをしている。休み無しにね。

これは新しいチャレンジだ。しかし、オレはメンタル的に強く、目標に集中している。何者もオレを止められない。

オレはすべてを乗り越える。自分の歩みには何の問題もない。目標に到達するため、何もかもぶち壊していくさ」
ズラタン・イブラヒモヴィッチ

「自分次第となれば、今日にでもサッカーをしたい。しかし、そのようには動かない。オレは忍耐が必要だ。それが我々の仕事の道だ。

我々は急いでいない。それが整った時に、準備ができるだろう。

再びプレーするときには、何も言い訳はしたくない。怪我をしたからとか、戻ってきたばかりだからとかね。

オレは怪我をする前と同じようなプレッシャーを感じている。その瞬間を楽しみにしているよ」

(背番号を9から10にしたことについて)

「そのことを忘れたことはない。オレは自分の背番号をアップグレードしただけだ。そして、昨季よりも多くのものを期待してくれていい。

ファンは素晴らしいものを期待するべきだ。大きなものがやってくる。なぜなら、オレはあの素晴らしい10番、ウェイン・ルーニーから受け継いだのだからな。

ウェインについては、前向きで偉大なことしか言えないね。素晴らしい人物だ。ピッチ内でも、ピッチ外でも。誰もが彼のやってきたことを知っている。

オレはその10番のジャージを受け継ぐことが出来て、ただ幸せだ」