え、これが冷蔵庫?世界の家電は“ユニークで実用的”がトレンド!

写真拡大 (全20枚)

ドイツ・ベルリンで行われた「IFA2017」に取材してきました。毎年秋に開催されるIFAは、世界最大の家電展示会として知られており、最新家電やデジタル機器などが数多く発表されます。今年も1800以上の企業が参加し、24万人以上の来場者が訪れ、大変にぎわっていました。

たくさんの魅力的な製品が展示されていましたが、その中からこれから流行りそうな家電や海外らしいデザイン家電などを紹介します。

■スマート家電からスマートホームへ

ネットにつながるスマート家電は日本ではまだ数が少ないのですが、海外では既に多数販売されており、もはや当たり前となっています。世界的な大手メーカーの白物家電では冷蔵庫や洗濯機といった大きな家電はもちろん、照明や小さな調理家電までコネクトできることに驚きました。

スマート家電はスマートフォンやタブレットで操作や設定ができるので便利です。IFAではさらに一歩進み、そういった別々の家電を一括で管理し、コントロールしてライフスタイルをより豊かにする「スマートホーム」の展示に力を入れていました。特にシーメンス、ボッシュ、ミーレ、サムスン、LGエレクトロニクスなどは、家電をコントロールするためのプラットフォームについてデモを行い、ハブを目立つところに展示していました。

家電のコントロールについては、メーカーによってプラットフォームが変わります。サムスンのように完全に独自のプラットフォームを貫いているものもあれば、LGエレクトロニクスのように自社プラットフォームにGoogleアシスタントなどをビルトインできるものもあります。

ハブを経由して音声で家電をコントロールできれば、年々複雑になっている白物家電も、より簡単に操作ができるようになります。「帰宅前にエアコンも照明もつけておいて、スピーカーの電源をONしておいて」といった複数のコマンドを、離れた場所からできたらラクですね。住む人のライフスタイルに合わせて、手間をかけずに快適な環境で過ごせる未来がすぐそこにきています。IFAの「白物家電エリア」では、そういったデモンストレーションに多くの来場者が足を止めて見入っていました。

▲「Smart ThinQ Hub」

LGエレクトロニクスのスマート家電向けプラットフォームは「Smart ThinQ」。スマートホーム時代の到来を見据えて、通信機能などを持たない家電でもスマート家電に変えられるセンサーデバイスも用意されています。ハブとなるのは筒型の「Smart ThinQ Hub」ですが、ロボット型のタイプもコンセプトモデルとして出展されていました

▲「Mykie(マイキー)」

ボッシュ/シーメンスエリアで展示してあったパーソナルアシスタントの「Mykie(マイキー)」。ちょっとした会話も楽しみながら、背面にはプロジェクターを搭載しているので、料理のレシピを壁で確認しながら料理を楽しめます

■洗濯モノを分けて同時に洗える縦型の2槽式ドラム式洗濯機

ドラム式洗濯機は日本でも人気の白物家電ですが、海外のメーカーではなんと「2槽式」が続々登場し。白物家電コーナーの目立つ場所に展示するメーカーも多く、今後も増えそうな勢いです。

▲ドーンと目立つところに展示してある2層式ドラム式洗濯機

2層式といっても槽が横に並んでいるのではなく、縦に並んでいる縦型です。横に並んでいるわけではないので場所はとりません。メインの槽ではたっぷり洗うことができ、乾燥まで可能。もう片方の槽はサブ扱いのもので容量も小さく洗いだけ。つまり、ドラム式洗濯機に小さな洗濯機がもう一つ合体している洗濯機なのです。

2槽式のメリットは、色物や子どもの汚れ物、ペット関連のものを分けて同時に洗えること。小さな洗濯機を別途購入するご家庭もありますが、これがあればその必要はありません。短時間で終わるのも嬉しいですね。

そんな2槽式のドラム式洗濯機ですが、メーカーによって槽の位置が違っているところは興味深いところです。

▲ハイアールは正面に向いた槽が縦に2つ並ぶ、正統派の縦型2槽ドラム式洗濯機

▲槽が2つ同時に動くと振動がすごそうだが、ベルトがないインバーターダイレクトドライブモーターの採用により、振動ノイズは少ないとのこと

▲LGエレクトロニクスの洗濯機は下にサブ洗濯機が配置してあり、引き出し式になっています

▲外見だけでは2層式には見えないのですが、このように槽が収まっています

▲中国の高級家電メーカー、リトルスワンが展示していた製品はサブの洗濯槽が上に配置してあり、フタを開けて洗濯物を入れます

ネットワーク経由でスマートフォンやタブレットからそれぞれ細かく設定もできるので、使い勝手もよさそうでした。日本ではまだ見かけませんが、世界ではこれから増えていきそうな家電です。

■カラフルでポップな家電が大人気!

海外の家電はデザインが豊富で、見ているだけでも楽しくなるものばかりでした。

特に冷蔵庫の種類は多く、どこのメーカーも力を入れています。日本ではガラストップの似たようなカラーばかりですが、海外製の冷蔵庫はカラーが豊富で、個性的な冷蔵庫が並んでいました。

素材も壁に合わせるなど、大幅な工事が必要なものもありますが、面積が大きい冷蔵庫だけに、インテリアに合わせたいという方も多いようです。また、表面が黒板になっていたり、木材になっていたり、表面の素材もさまざまでした。

▲「こんなにカラフルなの?」と驚いたのがボッシュの展示コーナー

▲このように上と下の色を分けることもできます

▲「LIEBHERR(リープヘル)」はイラストや写真を使ってオリジナル冷蔵庫ができるとのこと!

▲ミーレの冷蔵庫は表面が黒板。イラストを描いたり、メッセージを描いたり、楽しそう

▲重厚感のあるデザインでおなじみの「FISHER&PAYKEL」は、壁と同化した冷蔵庫を展示

▲中も高級感があって美しいデザインです

▲ヨーロッパで人気の「gorenje(ゴレニア)」は、カジュアルな棚のような冷蔵庫を展示

エアコンも独創的です。日本の住宅事情ではちょっと厳しそうですが、効率のよさそうな縦型エアコンや、円形エアコンなども展示。こちらもすべてWi-Fi接続でき、スマホなどで操作可能です。

▲美的にエアコンは宇宙な展示でした

▲部屋に設置すると意外とオシャレかもしれません

▲縦型のエアコンもいくつか見かけました。サムスンのエアコンは縦に3つファンが並んでおり、効率的に空気を循環できます

IFAで見た家電は、どれも個性的でワクワクしました。日本の家電は同じようなデザインになりがちですが、海外家電のように選択肢が増えると嬉しいですね。

 

(取材・文/石井和美)