初陣で勝利を飾った安間監督は選手の奮闘を労った。写真:田中研治

写真拡大

[J1リーグ26節]FC東京1-0仙台/9月16日/味スタ

【FC東京 1-0 仙台PHOTO】監督交代のFC東京が4試合ぶりの白星!

 監督交代に踏み切ったFC東京が、安間新体制での初勝利を挙げた。16日に行なわれたJ1リーグ26節のホームゲーム。DFチャン・ヒョンスが決勝点を奪い、仙台を1-0で下した。
 
 安間貴義監督は試合後のインタビューに応え、「(チームが)自信を失ったところからトライをしていたので、勇気が必要だったと思う。自分がやること、チームがやることを信じて90分間やってくれた」と選手たちを称賛。さらに、「前半の我慢する時間を乗り越えたら自分たちの時間が来る。根気強くやってくれたのが1-0の勝ちにつながった」と守備の粘りを評価した。
 
 前節までリーグ戦3連敗、ルヴァンカップを含む公式戦では5連敗中と不振を極めたFC東京は、5試合で13失点と守備が崩壊していた。相手が12位の仙台だったとはいえ、無失点に抑えたこの勝利に手応えを感じたのだろう。
 
「失点が多かったので、それをなくそうと。ボールを持つストロングポイントを押し出して(守備の機会を減らすことに)トライしてくれた」
 
 そう語った安間監督は、「今後はボールを前に運ぶところをやっていきたい」と攻撃面にもテコ入れするつもりだ。